制裁したい!夫・妻の不倫相手が苦しい言い訳する時の知っておくべき対処法

★ お気に入りに追加

言い訳その1. 相手のほうから誘ってきた

不倫の言い訳にはさまざまなものがあります。なかでも、不倫相手の言い訳として多いのが「相手のほうから誘ってきた」というものです。

「その気がなかったのに相手が関係を求めてきた」という言い訳をして、難を逃れようとする不倫相手は珍しくありません。確かに、どちらから声をかけたのかという事実は、当事者同士にしかわからないことといえます。

このような言い訳をされた場合は、どのように対応すれば良いのでしょうか。

有効な対処法として挙げられるのは、「相手に誘われたという主張は通用しない」と伝えることです。

どちらが誘ったのかという事実に関わらず、相手が既婚者であることを知ったうえで不倫関係を持つことは不貞行為となり、慰謝料支払い義務が発生します。配偶者の不倫相手がこのような言い逃れをしてきた場合は、この反論を用いることで主張を崩すことが可能です。

言い訳その2. 婚姻関係は破綻していると聞いていた

慰謝料を不倫相手に請求する場合は、夫婦間の婚姻関係が破綻していないことが前提となります。

したがって、婚姻関係が破綻している場合は、たとえ不貞の事実があったとしても、不倫相手を法的に罰することは難しくなるのです。なかには、こうした背景を逆手に取り、「配偶者から婚姻関係は破綻していると聞いていた」という言い逃れをする不倫相手も存在します。

こうしたケースの場合は、「婚姻関係が破綻していないという事実」を示すことがポイントです。婚姻破綻として認められるのは、「夫婦に婚姻継続の意思がなく、婚姻共同生活を回復することが客観的に見て不可能な状態」だとされています。

こうした状態だと判断されるのは、夫婦の両者が離婚に同意している場合や、離婚を前提とした別居をしている場合などです。さらに、長期間性交渉や会話がなかったり、食事や寝室が別であったりすることも判断材料になるでしょう。

よって、休日に夫婦で出かけていたり、定期的に性交渉をしていたりする事実を主張すれば、不倫相手に反論することができます。

言い訳その3.既婚者と知らなかった

不倫の事例として意外に多いのが、「相手が既婚者だと知らなかった」という場合です。配偶者の不倫相手が慰謝料支払い義務を負うのは、「故意または過失」がある場合だとされています。

このケースでいう故意とは、相手が既婚者だと知っていること、過失は既婚者だと知ることができなかった不注意のことを指します。この故意か過失のどちらかがなければ、不倫相手に慰謝料支払い義務は生じないのです。

このような主張をする不倫相手のなかには、本当に既婚者だという事実を知らなかった場合もあります。

ただ、このような主張をされた場合にも、「既婚者かどうかの確認をせずに不倫関係に陥ったことは少なからず過失といえる」と返すことで、不倫相手の主張を崩せる可能性があります。

特に、配偶者の年齢が10代などであれば、結婚率は高くないため、不倫相手が既婚の確認をしなくても不思議はありません。

しかし、これが20代以上ともなれば、結婚をしている可能性を考える人もいるはずです。そのため、結婚をしていても不思議ではない年齢の異性と関係を持つにあたり、既婚の確認をしなかった場合は、少なからず不倫相手の過失として反論する材料になるはずです。

言い訳その4.肉体関係はない

基本的に「相手と会っているだけ」では、法的に不倫を認めることはできないとされています。なぜなら、不貞行為として慰謝料を請求するには、原則として「肉体関係」が不倫相手と配偶者の間にあることが前提となるためです。

たとえば、ラブホテルに2人で朝までいたとしても、肉体関係が本当になかったのであれば、慰謝料支払い義務は生じません。したがって、ラブホテルに行ったことまでは認めても、「寝ていただけ」「会話をしていただけ」というように、一線は越えていないと主張する不倫相手は珍しくないのです。

もしも、不倫相手が「肉体関係はない」と主張した場合は、「過去の裁判例を持ち出して反論」するという対処法があります。

ラブホテルで何をしていたのか、その事実はもちろん当事者にしかわかりません。しかし、常識的に考えて、そのような空間で時間をともにするというのは、肉体関係が疑われてしまっても仕方のないことといえます。

そのため、何をしていたのかに関わらず、ラブホテルなどの密室にいたという事実だけで、肉体関係があったとされる裁判例も存在するのです。不倫相手が「肉体関係はなかった」と主張した場合は、このような過去の裁判例を交えながら反論すると、相手の言い訳を崩しやすくなります。

言い訳その5.3~4回食事しただけ

法的に不倫を立証させるには、肉体関係があったことを証明する必要があると前述しました。ただ、なかには不倫相手に「3~4回食事をしただけ」という言い訳をされてしまい、困ってしまう人もいることでしょう。

確かに、既婚者だとしても職場の人や友人など、異性と食事に行くケースは珍しくありません。したがって、「食事をしただけ」という不倫相手の言い訳を崩すには、確固たる証拠を集めることが重要といえます。

不倫の証拠として収集するものには、相手の自宅やラブホテルへの出入り画像・動画などが挙げられます。さらに、できる限りメールや通話の会話記録なども収集しておくと良いでしょう。

メールや通話の会話記録などは、内容の具体性により証拠としての価値が変わるので要注意です。また、これらの情報収集をする際は、プロの力を借りることも良い方法といえます。

自分だけで情報を集めようとしても、なかなかうまくいかないことは多いものです。探偵社や興信所などに依頼することで、証拠をつかみやすくなります。

こうした証拠集めは、不倫相手や配偶者に事実を問いただす前に行っておくとスムーズです。充分な証拠を集めてから不倫相手と話し合いを行うことで、気持ちに余裕が生まれやすくなります。

相手が言い訳を続ける場合はどうすればいい?

不倫相手に反論してみたり、証拠を突きつけたりすることで、問題が解決する場合もあるでしょう。

しかし、最もやっかいなのは、どんなに反論したり証拠を見せたりしても「不倫相手が言い訳を続ける」というケースです。なかには、「不倫をしてどこがいけないの?」「既婚者をたまたま好きになっただけ」というように、開き直ったような言い訳をする人も存在します。

慰謝料支払い義務について説明したとしても、不倫相手が聞く耳を持たなければ、いつまで経っても問題の解決は望めません。

対処法を試したり説明をしたりしても、不倫相手が言い訳を続けるようであれば、当事者間での解決を目指すことは難しいでしょう。このような場合、問題を解決するには調停や訴訟などに進み、法的な措置をとることも良い手です。

なぜなら、不倫トラブルの解決が長引くことは、精神的な負担が大きくなりやすいためです。ただでさえトラブルが起きて心が傷ついているのに、不倫相手の不誠実な対応のせいで解決が長引くと、心に余計なダメージが蓄積されてしまう原因につながります。

こうした理由から、不倫相手が話し合いに応じない場合は速やかに法的措置をとり、早く平穏な日常を取り戻すことが大切といえます。

この記事が役に立ったらシェアしてください!