どうして不倫をするの?男性が不倫をするときの心理・行動とは

★ お気に入りに追加

不倫を疑っている、もしくは不倫をされた女性の中には、夫に怒り悲しみなどといった感情が溢れている方も多いでしょう。

それと同時に、

「子供もいるのにどうして不倫ができるの?」
「何がきっかけで男性は不倫をするの?」

といったように、不倫をしてしまう男性の心理が気になるという方もいるのではないでしょうか。

そこで、どうして男性が不倫をしてしまうのか、今回は男性がする不倫の心理や、不倫をしたときに無意識にとってしまう行動などお話ししていきます。

どうして不倫するの?

どうして不倫をしてしまうのか。

不倫をされたことがある女性であれば、一度は頭をよぎったことがあるのではないでしょうか。子供もいるのに、家庭があるのになど、憤りと共にどうして?と疑問も浮かびますよね。

いけないとわかっているはずなのに、不倫をしてしまう男性の心理として、次の4つが代表的にあげられます。

  • 家庭に不満がある
  • 不倫が悪いと思っていない
  • ストレスから開放されたい
  • 背徳感を楽しんでいる

それぞれの男性の心理について、お話していきましょう。

家庭に不満がある

月日が経つにつれて一緒に生活をすることが当たり前になり、ケンカが増えるといった夫婦も多いため、「家に帰りたくない」などと不満を持つ男性もいます。

また子供がいると、妻は子供中心の生活になってしまう傾向にあります。

子供を育てる上で仕方のないことでもありますが、男性は家庭における自分の存在価値を感じられないなど寂しさが募り、不倫をしてしまうこともあるのです。

中には、実家を頼りすぎる妻に疎外感を感じ、そういった家庭での不満を埋めるために、不倫をしてしまうといった男性も少なくありません。

家庭に不満があって不倫をしてしまう男性の心理としては、

  • もっと自分を見て(かまって)ほしい
  • 自分を認めてほしい
  • 寂しい

といった飢餓感自己承認欲求働くのです。

不倫自体を悪いと思っていない

そもそも、“不倫は悪”という価値観を持っていない男性もいます。

そのため、不倫をしたからといってそもそも離婚を考えているわけではなく、罪悪感があまりないといった方も多いのです。

そして男性の中には、年齢をかさねても女性に好意を持たれたい、家庭に縛られず自由に行動したいなどといった欲求を突き通すため、不倫をするといった方もいます。

また、性的な欲求が強い男性の場合、妻では満たされず他の女性で満たそうとするケースも少なくありません。

こういった男性が不倫をする心理としては、

  • 性的欲求を満たしたい
  • 女性にモテたい
  • 異性から得られる高揚感を味わいたい

などといった、欲求的感情が強い傾向にあります。

職場などでのストレスから開放されたい

職場や家庭で問題を抱えているとストレスがたまり、発散のために不倫をしてしまうケースもあります。

家庭や職場では求めることができない“癒し”を、不倫相手に求めてしまうのです。

このような男性が不倫をする場合、

  • 家庭や仕事から逃げたい
  • 気軽に話ができる不倫相手に癒やしてもらいたい

といったように、現実逃避の心理が強く働いているのです。

背徳感を楽しんでいる

背徳感を楽しみたいがために不倫をする人もいます。
このタイプの男性は、不倫自体は悪いことだと認識しているからこそ、隠れて行う背徳感を楽しむため、外部からは最も不倫の理由を理解しづらいかもしれません。

また、単に背徳感を楽しむだけではなく、家庭の不満や職場のストレス等と複合的になっている人もいます。

不倫が始まるきっかけと夫の心理

職場や行きつけの飲み屋でなど、不倫をするきっかけはたくさんあります。

だからといって、すべての男性が必ず不倫をするわけではありませんよね。

不倫をしてしまう男性の心理としては、家庭や職場での足りないものを埋めるために不倫をしてしまったというケースが多くあります。

「家庭がうまくいっていないから、何も考えなくていい他の女性で癒されたい」
「女性に好意を持たれて高揚してしまった」

など、普段では得られないものを求めて、ちょっとしたタイミングで不倫をしてしまうのです。

罪悪感は?男性が不倫しているときに考えていること

不倫をした夫に対し、「家族に対する罪悪感はなかったの?」と詰め寄る妻も多いです。

しかし、残念ながら不倫をしている最中は、罪悪感を持っていたという男性は少ないでしょう。

不倫は、家庭や職場では得られない欲求を満たすためにしてしまうケースがほとんどです。

本能に従って不倫をしてしまうケースが多いので、不倫をしているその瞬間は罪悪感を持つ男性は少ないといえます。

不倫した男性が罪悪感を持つ瞬間としては、不倫後や妻や子供が待つ自宅に帰宅したときなど、自分は『夫』であると意識したときではないでしょうか。

不倫をしている男性は家庭でとる行動

では、裏切りという罪悪感を持った男性は、家庭でどのような行動に出やすいのでしょうか。

人それぞれ行動は違いますが、代表的な例として次の3つがあります。

  • 妻や家族のご機嫌とり
  • 残業や休日出勤が多くなる
  • 家族の予定を聞きたがる

詳しくご紹介しましょう。

罪悪感から妻のご機嫌を取るようになる!

不倫をした男性は、バレないよう妻や家族の機嫌に敏感になります。

  • 急にお土産を買ってくるようになる
  • 妻の体調を気づかう
  • 妻の機嫌が損ねるようなことを言わない

といった3つのような行動が代表的なものでしょう。

妻が機嫌を損ねただけで、「不倫がバレた?」などとビクビクする夫も少なくありません。

もちろん普段から上記のような行動の夫もいますが、普段しないような行動で、妻や家族を気にかけるようであれば要注意です。

残業や休日出勤が多くなる

男性が不倫をするためには、不倫相手に時間を作る必要があります。

しかし、いつもより帰宅時間が頻繁に遅くなっては、妻に怪しまれるリスクが発生します。

そのため、残業や休日出勤は働く男性にとって体裁の良い言い訳になるのです。

今まで定時で帰宅していた、もしくは滅多に残業がなかった男性が急に残業や休日出勤が多くなった場合は、よく夫を観察するようにしましょう。

中には、飲み会が増える男性もいます。

家族の予定を把握したがる

家族の予定に興味もなかった男性が、家族の行動を把握したがるようになると、そのスキマ時間を不倫相手と過ごそうと考えている可能性があります。

特に不倫を楽しんでいる男性は、不倫相手に時間をできるだけ作りたいもの。

そのため、家族の予定を把握してチャンスを狙うのです。

特に、妻の予定に興味のなかったのにも関わらず、急に予定を細かく把握しようとしている場合は、疑うようにしましょう。

まとめ

ここまで不倫をする男性の心理や、不倫をしている男性のよくある行動などをお話ししてきました。

不倫をする男性の心理や行動をまとめると、主に次の4つのようなものが考えられます。

  • 「頼られたい」「必要とされたい」などといった強い飢餓感を持っている
  • 不倫の背徳感や、他の女性から得られる癒し、高揚感を求める
  • 不倫中は本能的に働き、その瞬間のことしか考えてないケースがほとんど
  • 不倫をしている男性は、妻の機嫌に敏感になるなどいつもと違う行動をとる

不倫は、夫婦関係だけではなく家族関係をも脅かす裏切り行為です。

そのため、夫が何を考えて、何が原因で不倫をしてしまったのか、妻としては見過ごすことはできませんよね。

この記事を読むことで、不倫をする男性の心理に近づき、少しでも心の重りを軽減することができるよう願っています。

Cafeおすすめ! 【東京都】
あたらし法律事務所
あたらし法律事務所

皆様が「あたらしい」一歩を踏み出せるよう、より良い解決策をご提案いたします。全国対応ですのでご安心ください。

皆様が「あたらしい」一歩を踏み出せるよう、より良い解決策をご提案いたします。全国対応ですのでご安心ください。

皆様のお気持ちに寄り添いながら、丁寧にご事情をお伺いしております。ご相談は「とにかく現状をどうにかしたい」という漠然としたお気持ちでも構いません。弁護士がご希望の解決に向けて、どのような方法が最善か考えてご提案いたしますので、安心してお話いただければと思います。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-1861-2966
[電話受付]平日 9:30~18:30
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!