ダブル不倫の慰謝料請求|双方の不貞行為で慰謝料・相場はどうなる

★ お気に入りに追加
daburuhurinn

ワイドショーなどでしばしば話題になる、いわゆるダブル不倫の場合、当事者が多いため、慰謝料などに関わる法律関係も複雑になってきます。

誰が誰に対してどのような請求を行うことができるのか、離婚をする場合としない場合とで異なるのかなど、考えなければいけない問題点は様々です。

「夫婦でお互い浮気していた」、「相手が先に浮気し始めたから自分も浮気した結果、双方の浮気が発覚した」という場合も少なくはありません。

この記事では、ダブル不倫の場合における慰謝料請求などについて、当事者間の法律関係を踏まえて詳しく解説します。

ダブル不倫とは?

俗に言うダブル不倫とは、お互いに既婚者として別の家庭を持つ男女が不倫することを言います。

男性側の家庭と女性側の家庭の両方で不倫が発生していることから、「ダブル」不倫という呼び方をされています。

不倫をした人が負担する法的な責任

まず、不倫した当事者がどのような責任を負うのかについて解説します。
不倫は一般的には民法上の「不貞行為」にあたると考えられていますので、以下ではダブル不倫の際の不貞行為を中心に解説していきます。

不法行為に基づく損害賠償義務

一般に、不貞行為を行った者は、配偶者に対して、不法行為に基づく損害賠償(慰謝料支払)義務を負います。

また、不倫の被害者である配偶者は、不倫相手に対しても不法行為に基づく損害賠償請求を行うことができます。

つまり、不倫をした男女は、被害者である一方の配偶者に対して、共同での不法行為責任を負うことになります。

ダブル不倫の場合、被害者は2人

ダブル不倫のケースでは、両方の家庭に配偶者がいるため、被害者は2人ということになります。

たとえば、夫婦である男性Aと女性B、別の夫婦である男性Cと女性Dという、2組の夫婦がいる状態を考えてみましょう。

男性Aと女性Dが不倫をした場合、それぞれに配偶者がいますので、まさにダブル不倫の状態です。
この場合、女性Bと男性Cが被害者ということになります。

男性Aと女性Dは、男性Aの配偶者である女性Bに対して、不法行為に基づく損害賠償義務を負います。
また、男性Aと女性Dは、女性Dの配偶者である男性Cに対しても、同じく不法行為に基づく損害賠償義務を負うことになります。

どちらの家庭も離婚しない場合、慰謝料請求は無意味?

ダブル不倫が起こったものの、結局どちらの家庭も離婚しなかった場合に、慰謝料請求を行うとどのような状況になってしまうでしょうか。

おそらく、被害者である女性Bも男性Cも、自分の配偶者は訴えずに、不倫相手にのみ損害賠償を請求するということになるでしょう。

この場合、それぞれの家庭にいる被害者が別の家庭の加害者を訴え合うという構図になってしまいます。
このような状況で慰謝料請求を行うことは無意味なのでしょうか?

この点、それぞれの家庭における不倫についての慰謝料金額は、各家庭の事情を総合的に考慮して算出されます。
そのため、慰謝料金額は両家庭間でそれぞれ異なるのがむしろ通常と言えます。

また、下の「損害賠償の負担割合について」で解説しますが、ダブル不倫について男性Aと女性Dのどちらかにより大きな責任がある場合には、男性Aと女性Dの間で損害賠償義務の負担割合が異なります。

以上の理由から、必ずしも損害賠償義務が完全に相殺されてしまう(打ち消しあってしまう)というわけではありません。
したがって、どちらの家庭も離婚しない場合であっても、慰謝料請求が全く無意味ということはないと言えます。

しかし、ダブル不倫は当事者も多いため、複数の請求が入り乱れるような事態は煩雑で、決して好ましくはありません。
したがって、可能であればすべての当事者の間で話し合いを行い、和解を成立させる方が得策でしょう。

ダブル不倫の慰謝料相場

離婚に至る場合は慰謝料が高額になる

ダブル不倫を原因として家庭が崩壊し、離婚に至ってしまった場合、被害者である配偶者の被った損害は離婚しなかった場合より大きいと言えます。

よって、離婚に至った場合は慰謝料が高額になる傾向にあり、概ね100万円から300万円程度の慰謝料が認められます。

離婚に至らなかった場合は、慰謝料額は離婚する場合に比べて低額になり、50万円から150万円程度の慰謝料が認められる場合が多いです。

関連記事
divorce consolation money
慰謝料の相場って?離婚するときに知っておきたい慰謝料のポイント
離婚に至る原因が相手側にあったときに請求できる「慰謝料」。離婚の慰謝料ってどうやって決まるの?金額の相場は?できるだ…

慰謝料を増減させる要素

上記は慰謝料相場の目安ですが、慰謝料の金額は個別の事情を総合的に考慮して決定されます。
慰謝料を増減させる要素としては、以下のような例が挙げられます(他にも様々あります)。

慰謝料増額要素

  • 配偶者と別れるために暴力を振るったこと
  • 不倫期間中に生活費を入れなかったこと
  • 不貞行為の頻度が非常に高かったこと

慰謝料減額要素

  • 既に家庭崩壊の状態にあったこと
  • 不貞行為が一度きりであったこと
  • 不貞行為について深い反省を示していること

損害賠償の負担割合について

先にも少し触れたとおり、不倫関係にある男女の間では、被害者への損害賠償に関して、不倫についてどちらにどれだけの責任があるかによって損害賠償の負担割合が決定されます。

たとえば、片方は相手に家庭があることを知っていたけれど、もう片方は知らなかった場合には、家庭があることを知っていた側の方の責任が大きいと考えられます。

被害者に対して支払わなければならない損害賠償の総額について、不倫関係にある男女は、自らの損害賠償の負担割合に応じて損害賠償義務を負担することになります。

仮に、不倫関係にある男女のうちどちらか一方が、被害者に対して損害賠償の全額を支払った場合には、不倫相手に対して負担割合に応じた求償(請求)をすることができます。

たとえば冒頭のケースで、女性Bが夫の不倫相手である女性Dのみに対して損害賠償の全額を請求した場合を考えます。

この場合、女性Dは女性Bに対して、損害賠償の全額をいったん支払わなければなりません。
しかし、女性Dは後で男性Aに対して、男性Aの負担割合に応じて、損害賠償で支払った金額の一部を負担するよう請求することができるのです。

慰謝料請求の流れについて

ダブル不倫の被害者は、どのようにして加害者に対して慰謝料を請求することになるのでしょうか。
以下では慰謝料請求の流れについて詳しく解説します。

話し合いによる示談

ダブル不倫の場合は権利関係が複雑なため、訴訟などに至った場合には泥沼化する可能性が高いと言えます。

そのため、可能であれば当事者全員の間で話し合い、示談による解決を図るのが望ましいと言えます。

示談を行う場合には、当事者の間で、主に以下の内容を記載した示談合意書を作成します。

  • 誰が誰に対していくらの和解金を支払うか
  • 和解金の支払い方法
  • 示談合意書の締結をもってダブル不倫問題は解決とし、今後一切揉め事を蒸し返さないという合意

そして、示談合意書の内容に従って、当事者間で和解金の支払いが任意に行われることになります。

こじれそうな場合には、配達記録付き内容証明郵便を送付

しかしダブル不倫の場合には、感情的に和解が難しく、問題がこじれてしまうケースも多々あります。

その場合は、訴訟も視野に入れて対応を考える必要があります。

通常であれば、まず不倫相手に配達記録付き内容証明郵便を送付します。

内容証明郵便には、次のような趣旨の内容を記載することになります。

「あなたが私の配偶者と行った不貞行為は不法行為に該当するので、●●までに●●円を支払ってください。支払いがない場合には訴訟などの法的手段をとることがあります」

訴訟

内容証明郵便を送付してもなお、不倫相手から損害賠償金の支払いがない場合には、最後の手段として訴訟手続をとることになります。

訴訟の場合、まず裁判所に訴状を提出します。
その後、裁判所に対して証拠資料や、主張内容を記載した準備書面を提出します。

そして、裁判所により指定された期日において、自らがダブル不倫により損害を被ったということを立証することになります。

損害の立証に成功すれば勝訴判決が得られ、不倫相手に対して強制的に損害賠償義務を履行させることができます。

配偶者と離婚する場合は離婚調停の中で慰謝料を請求する

被害者が不倫をした配偶者と離婚する場合には、離婚調停の中で慰謝料についても話し合うことが一般的です。
もっとも、調停が不調に終わった場合には、離婚裁判の中で審理されることになります。

なお、配偶者と同時に不倫相手も一緒に訴えている場合には、慰謝料請求の部分だけを切り離して、併合して審理されることもあります。

ダブル不倫問題が発生してしまったら弁護士に相談しよう

以上に解説してきたように、ダブル不倫は法律関係が複雑になりがちで、また当事者の感情的な問題もあり、なかなか解決することが難しい場合が多いと言えます。

そのため、ダブル不倫問題を解決するには、離婚や損害賠償の問題に詳しい弁護士に相談しながら話を進めるのが賢明です。

弁護士は、依頼者の事情や希望する解決について細かく話を聞いて、依頼者のためにより良い解決が得られるよう尽力してくれます。

また、ダブル不倫の場合は相手の家庭とのやりとりや交渉も発生するため、当事者が自らこれに取り組むことは精神的な負担が非常に大きいでしょう。
弁護士に依頼すると、相手の家庭との交渉も依頼者の代わりに行ってくれますので、精神的な負担軽減につながります。

ダブル不倫問題を起こしてしまった場合、または被害者となってしまった場合には、ぜひ早めに弁護士に相談してみてください。

Cafeおすすめ! 【東京都】
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所 弁護士法人浜松町アウルス法律事務所

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談者様のお気持ちに真摯に寄り添い、「率直なご希望」をお聞きするよう努めております。正直なご要望をお伺いして、それに近づくためにはどのような選択肢があるのか、幅広くご提案させていただいています。
「どうしたいのか自分でもわからない」という方もぜひご相談ください。私どもと一緒に考えていきましょう。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-1709-6142
[電話受付]平日 10:00~19:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!