産後クライシスになりやすい人とその乗り越え方・過ごし方まとめ

★ お気に入りに追加

可愛い子供を授かって、新しい生活に挑戦することになる産後。実はこのタイミングで夫に腹が立つようになり、最悪の場合は結婚したこと自体を後悔し始めたり、離婚を考えて里帰りしてしまう女性が非常に多いのです。

夫も夫で妻の変化にうまく対応ができず、夫婦喧嘩が増えてしまいがちです。

もしかしたら、その原因は「産後クライシス」かもしれません。

危機はいつからいつまでか。過ごし方が大切

産後クライシスとは、情報番組が作った造語です。赤ちゃんが生まれて夫婦間の愛情が著しく冷めてしまう症状のことを意味します。

いつからいつまでかというと「子供が生まれてすぐから産後2年間」が期間相場だと一般的には言われています。赤ちゃんが生まれると夫婦の絆は強まり家族として結束できるというイメージがありますが、実は離婚率が最も高くなるのも産後2年間です。

可愛い盛りの子供を挟んで夫婦がいがみ合うようになり、これまでは気にも留めなかったようなことが問題として出てくるようになります。

産後の早い段階で離婚に至るケースも多く、産後クライシスは離婚の大きな原因となっているのです。

必ずどこかの時点でお互い最悪のケースとならないためにも、話し合いの場を持つ必要があります。

主な症状

産後クライシスに陥ってしまうと以下の症状が起こりがちになります。

・何かにつけて脱力感を感じ、やる気がなくなる。
・夫に対してイライラしたり嫌悪感を抱くことが多くなる。

これまで仲良くやってきた夫婦であっても、突然夫を敵視してしまうようになるのです。子どもの誕生を機に考え方や行動に乖離が生じ、夫婦仲は急激に冷え込んでいくことになります。

また、これは1人目の子供の出産時には大丈夫だった場合でも、2人目で突然起こるケースも多いです。

ガルガル期突入までの流れ

ホルモンバランスの変化が起こる原因か

産後クライシスは、いろいろな原因が積み重なって起こります。第一に挙げられるのが、産後の体調不良やホルモンバランスの変化といった身体的な要因です。

妻は妊娠が分かってからというもの、体の変化に対応しながら暮らし、出産という人生の一大イベントを迎えます。

もちろんそれで終わりではなく、その後は子育てをスタートしなければなりません。これではどんなに丈夫な人でも、体力や精神力は削られて当たり前です。

疲労が重なって体調不良を起こす人も多いのです。そして出産後の女性の体は、ホルモンバランスが急激に変化します。

この変化に体が付いていかず、心身ともに不安定になることがよくあるのです。産後の悪露(おろ)や抜け毛、肩こり、寝汗、不眠など様々な変化がおこったりもします。いわゆるガルガル期にも突入することになります

夫の育児も原因か。イライラする症状について

夫の育児への関わり方も、産後クライシスを引き起こす大きな原因となります。

妻は子を自らの体の中で育てて、大変な思いをして生むことで、自然と母親としての自覚を持つようになります。対して夫が父親としての自覚を持つのは赤ちゃんが生まれてからです。

この段階で既に認識にズレが生じているのです。妻が自分と同じレベルの親としての自覚を夫に求めても、夫はそれについていけていません。

また、「イクメン」という言葉の流行で、最近は夫も家事育児に参加して当たり前だという意識があります。しかし家事育児のスキルが高い男性は現実にはまだまだ少なく、妻が自分と同じレベルを求めても、それをこなせる夫は少ないのです。

そのことに対し、妻がイライラの症状を募らせてしまうこともあります。いつまであなたは子供のままですかと。

最初から育児にはノータッチと決め込み全く育児に参加しないというケースや、中途半端な育児参加で自分はイクメンだと思い込んでいるケースなども、妻のイライラを増やすことになります。

また2人目ならば家事育児スキルが良くなっているはずという妻の意識もハードルが高くなり、失敗することが多くなりがちです。

別居や実家へ里帰りする意味は。離婚して後悔はしたくない。

産後クライシスに陥りやすい人の行動の特徴として、別居や里帰りを選択するというものがあります。

夫への嫌悪感やイライラから、実家に帰ることを選択する妻は少なくありません。実家であれば自分の親を頼ることもでき、気兼ねなくサポートを受けることができるからです。

妻の情緒不安定さやイライラをぶつけられることに疲れ、夫のほうから別居を切り出すこともよくあります。別居や里帰りはお互いに一度距離を置いて頭を冷やし、お互いのことを考えることができます。親を頼ることで精神的に落ち着くことも可能です。

しかし安易に別居を選択すると、そのまますれ違いが大きくなって結局離婚してその後、後悔することも多いということを理解しておく必要があります。

別居すると夫は子供と離れることになるので、父親としての自覚はいつまでも育ちません。また別居の寂しさや気の緩みから浮気に走るケースも多いのです。すでに浮気されてしまったという方は「妻や夫を許す|「許せない」不倫や浮気を許す方法」のページもご参考ください

まじめな人がなりやすい人

産後クライシスはどんな女性にも起こる可能性があります。

しかし特にインドア派で真面目な性格の人が多い傾向があります。理由は単純で、性格が真面目だから、出産を通じてしなくてはいけないことが増えたため、実際はできるはずもない量、なれていない量のタスクをしなくてはいけないという切迫感で自分を攻めてしまうところにあるわけです。

では、この縛りをほどくにはどうすれば良いのでしょうか。

産後の対処方法・乗り越え方

産後クライシスを乗り越えるために大切なのは、まず「産後クライシス」という状況を知っておく必要があります。そうすれば実際に陥ってしまったとき、対策を取ることができるようになるからです。そうれすれば離婚して後悔することは減るはずです。

乗り越えるために大切なのは、夫婦双方がお互いを理解する努力を惜しまないことです。妻は完璧な夫や父親を期待するだけではなく、具体的にどうしてほしいか口に出して伝えましょう。してほしいこと、してほしくないことをきちんと言葉にする努力が大切です。さらに進めると「書面化」を目指しても良いでしょう。

また夫の側も、産後の女性が抱える心身の負担を理解することが必要です。

子供を産んだ後の女性は、精神的にダメージを受けやすくなっています。自分の母親や周囲の女性と比較したり、失敗を責めたりするのではなく、ナイーブな状態にある妻をパートナーとして支えていくことが大切です。

おすすめなのは産婦人科や行政が行っている勉強会に参加することです。産婦人科の先生や育児中の夫婦などからリアルな話を聞くことができるので、想像と現実のギャップを知り、妻と子を受け入れる準備に繋げることができます。

ストレスを軽減したり、子育てを休憩するために実家を頼るのは非常に有効な手段です。しかし安易に別居を選択することはおすすめできません。産後クライシスを乗り越えるには、夫婦の対話を重視することが大切なのです。

この記事が役に立ったらシェアしてください!