風俗通いで不倫している旦那と離婚することができるか?

★ お気に入りに追加

もしも自分の旦那が風俗に通っているとわかった場合、それは果たして法的に「不倫」として認められるのでしょうか?

実は不倫と認定されるかは、どのような風俗店に通っているかによって異なります。

今回は不倫として認められる風俗は何か、認められない風俗はなにかを紹介していきます。

そもそも不倫とは

「自分の旦那が風俗に通っている!裁判して慰謝料とる!」とお怒りになっている方も多いかと思います。

法律上の離婚原因となる「不倫」は法律上では「不貞行為」と呼ばれ、自分の配偶者以外の人と肉体関係つまり性交渉を行ったかどうかが判断ポイントです。

そのため、不倫と認定するためには、実際に夫が性交渉が行われる風俗店に行ったかどうかが最大のポイントとなります。

※なお、多くの方が気になる慰謝料相場については省略致します。金額やその他通常の不倫については「不貞行為(妻の浮気や旦那の不倫)の離婚慰謝料相場を計算しよう」のページが詳しいので後ほどあわせてご参照ください。

ソープランド・ピンクサロンでの浮気の場合

ソープランドと呼ばれるお店についてです。

サービスとしては浴室で実際の性交渉を行っていると言えます。そのため、ソープランドに行ったことが明らかであれば、不貞行為を行ったとみなすことができるでしょう。

また、ソープランドのように本番の性交渉は行っていませんが、性交類似行為を行うファッションヘルスやピンクサロンというお店もあります。

このようなお店に通っていた場合は性交渉を行っているわけではありませんので、実は法律上の不貞行為にはあたりません

しかし離婚の理由に絶対にできないかというと実はそうでもないのです。婚姻中で配偶者がいるにもかかわらず、このようなお店に頻繁に通うことで配偶者に精神的苦痛を与えたり、家庭環境を悪化させるようなことは婚姻を継続しがたい重大な理由に該当し、離婚が認められる可能性があるからです。

セクシーパブでの浮気の場合

セクシーパブと呼ばれるお店があります。

セクシーパブでは男性がソファーに座り、その上にお店の女性スタッフが向き合う姿勢で座ります。そして、服を脱いだりキスをしたりすることをサービスとして行っています。これもまたこのようなサービス内容は性交類似行為ともいえませんので、このようなお店に行っただけでは不倫で離婚が認められることはないでしょう。

しかし、これもファッションヘルスやピンクサロンと同様に、頻繁に通って多額の料金を支払い続けてきたような事実があれば、同じく婚姻を継続しがたい重大な理由に該当される可能性があります。

ハプニングバーでの浮気の場合

またお店側が性的なサービスを実施しないハプニングバーと呼ばれるお店もあります。ハプニングバーとは性的関係を期待した男女が訪れるお店であり、性的関係は基本的には二人の合意によって行われます。

よって、ハプニングバーはあくまで出会いのきっかけを与えているだけであり、ハプニングバーに行ったからといって性交渉を行ったことにはなりません。そのため、それを理由に離婚を認めてもらうことはできないでしょう。

SMクラブ・キャバクラでの浮気の場合

SMクラブは女性が鞭で男性を叩いたり命令したりする場所です。

またキャバクラは隣に座って楽しくお酒を飲むだけです。

このようなお店に行ったからといって、不倫で離婚が成立することは一般的にはありません。

しかしこれについても同様ですが、その頻度やその関係であまりにも家庭を疎かにするようなことがあれば、婚姻を継続しがたい重大な理由となりえます。

まとめ

ここまでの内容をまとめると、例え相手方が職業として行っていたとしても、風俗はサービス内容によっては法律上の「不倫」にあたります。

また性交渉が行われない風俗店であったとしても、そのお店に通っている頻度やその行為が家庭に与えている影響によっては婚姻を継続しがたい重大な理由として認められる可能性は大いにあります。

旦那の不倫の証拠を抑えているかどうかがポイント

そして、最後に気をつけなければならない注意点として、必ず証拠を抑える必要があるということです。いくらソープランドに行っているということが薄々わかったとしても、本当に行ったかどうかを証明できる証拠が無くては、離婚時に裁判を有利に進めることはできない場合があります。

その結果慰謝料もまったく請求できないこともあります。

実際のお店の中での行為を写真で撮ることはできないにしても、そのようなお店に入っていくときの写真など、旦那が不貞行為を行ったことを証明する必要があるます。

知っておくべき不倫慰謝料が一切請求できないケース・減額されてしまうケース」のページも詳しいのでこちらもあわせてご参照ください。

セックスレスが原因だと反撃された場合

なお風俗に通うことになったきっかけとして旦那とのセックスレスを主張されるケースもあります。

しかし、セックスの頻度はそもそも人それぞれであり、少なくなったのは今までのセックスのあり方にもよります。

その主張に対しては、そうなった理由をしっかり答えればよいでしょう。

この記事が役に立ったらシェアしてください!