年の差婚は幸せ?後悔する?女性から見る現実とメリット・デメリット

★ お気に入りに追加

年の離れた人と結婚する「年の差婚」。
最近では漫画やドラマなどで題材にされることが多く、注目されていますし、実際に年の差婚をしたという人も多いでしょう。

もちろん、どのカップルも結婚したときには幸せだったはずです。

ですが、「年の差婚って現実ではどうなの?」「このままずっと幸せでいられるの?」という疑問をもつ人も多いでしょう。

そこで今回は、このような疑問をもつ女性の方々に向けて、年の差婚のメリットやデメリットなどをご紹介していきます。

年の差婚は幸せ?|年の差婚のメリット

まずは年の差婚について、男性が年上の場合と年下の場合のメリットをそれぞれ見てみましょう。

年の差婚のメリット|男性が年上の場合

①経済的に余裕がある

相手が年上の場合、勤務年数が長く会社での地位が高いという人も多いです。
そのため、年収が良く経済的に困る可能性が低くなります

同年代の夫婦は共働きをしないと生活できない一方、年の差婚では専業主婦という道を選べることが魅力です。

②包容力がある

やはり相手の方が精神年齢も高いため、自分がイライラしていたり落ち込んでいたりしても優しく包み込んでくれます

また、大人だからこその気遣いや冷静さに長けており、「その大人っぽさが良い」という人もいます。

自分が年下だと、存分に甘やかしてくれることも多いでしょう。

③人生経験を積んでいる

相手が年上だと、自分より人生経験が豊富です。
そのため、仕事のことでもプライベートのことでも、困ったときにはアドバイスをしてくれます。

いざというときに支えてくれる存在は、とても大きいものです。

④見た目のわりに意外と若々しい

年の差婚といえども、意外と周りから旦那が若く見られることも多いようです。

自分が若いぶん、相手も自分に合わせようとファッションや流行に気を遣ってくれます。
そのため、歳をとっても若々しく見えるのです。

年の差婚のメリット|男性が年下の場合

①可愛い・元気

相手が年下であることのメリットは、やはり可愛さや元気の良さにあります。

庇護欲がわくため、「大体のことは許してしまう」「一緒にいて癒される」「元気をもらえる」という人が多いです。

また、若さゆえに体力もあり、子供としっかり遊んでくれるというメリットもあります。

②老後も安心

年の差婚で自分の方が年上だと、自分が先に老いることは避けられません。

ですが、相手の方が長生きする可能性も高いため、老後もみてもらえる・相手の退職までは経済面の不安がないという安心があります。

③頼られる

自分の方が精神的にも大人であるため、相手から色々と頼りにしてもらえることも魅力の1つです。

頼られたい、支えてあげたいという気持ちが強い人にはうってつけでしょう。

④自分が刺激を受ける

年の差婚では、相手に釣り合う人間になるよう自分が努力することも多いです。

なるべく若く見られるように化粧を極めたり、相手から最近の流行を教えてもらったりすることで、いつまでも若々しくいることができます。

年の差婚は後悔する?|年の差婚のデメリット

では、逆に年の差婚のデメリットとはなんでしょうか。
こちらも年上・年下の場合をそれぞれ見てみましょう。

年の差婚のデメリット|男性が年上の場合

①老後や加齢が心配

相手が年上だと、どうしても相手の方が先に老いていきます。
そのため、早い段階で介護や老後の生活について考える必要があるでしょう。

また、加齢によって体力や身体機能が落ちることも考えられます。
加齢が進むと、子供をつくりにくい・子供がいても十分に遊んであげられないという心配もあります。

元々男性のほうが平均寿命も健康寿命も女性より短いため、あまり年の差がない相手よりこうした問題は顕著になるでしょう。

②話が合わない

歳の差が開いていると、価値観がズレてしまうことが多くあります。ここで言う価値観は、人格・性格というよりは世代間のものです。
価値観が合わないと遊びが盛り上がらなかったり、日常の些細なことで言い争いになったりすることもあります。

また、「真面目な話をしているのにおやじギャグを言ってきて冷めてしまった」という妻もいるようです。

③上下関係ができてしまう

夫と妻との間に上下関係ができてしまい、年上の相手の言いなりになることもあります。

自分の意見がなかなか通らない、束縛が厳しい、モラハラをされているといった悩みを抱える人も少なくありません。

④周囲の目が気になる

年の差婚で気になるものの1つが、周囲の目でしょう。

周りは若いカップルばかりなのに、自分の夫だけがおじさんで浮いている…という劣等感を感じる人もいるようです。

加齢で旦那のおじさん化が進んでくると、なかなか紹介しにくいところがありますよね。

年の差婚のデメリット|男性が年下の場合

①話が合わない

相手が年上であるときと同様、年下の場合でも話が合わないことがあります。
人生経験が違うため、ジェネレーションギャップを感じてしまうことも多いでしょう。

また、趣味嗜好や価値観が違うことでお互いが理解しにくくなるというデメリットもあります。

②引け目を感じる

相手の若々しさにあてられて、年齢を積み重ねるごとに隣に立つことに気が引けてしまう人もいるようです。

旦那の若い女性の知り合いに嫉妬をしたり、旦那が若い子に目がいってしまうのではないかと不安になったり、気持ちも落ち着かなくなります。

③相手が未熟

相手の年収が自分の年収より低く、頼りないと感じることがあります。

また、社会人としてのマナーや常識がなっていないと、相手の未熟さが目に入ってしまうでしょう。

困ったときに相手に頼りにくいという点も、デメリットといえます。

④子供がつくりにくい

相手が落ち着いた頃に子供をつくろう、と考えていると自分の出産時期を逃してしまう可能性があります。

逆に早すぎると、相手の少ない収入で子育てをしなければならなかったり、相手がこちらを気遣ってくれないという問題が起きることもあります。

年の差婚がうまくいかない…失敗しない付き合い方とは

それでは、年の差婚を上手に続けるにはどうすればいいのでしょうか。
ここからは、年の差婚で幸せになるためのポイントについてご紹介していきます。

お互いを尊重する

同年代でも、性格の不一致で離婚する夫婦は多くいます。
年の差によって価値観や見解が変わることは当たり前のことです。

そのため、相手が自分と違う考えを持っていたとしても、まずは受け止めて理解しようとする努力が大切です。

また、「年上だから」「年下だから」というフィルターを外し、一人の人間として向き合うことを意識するようにしましょう。

互いを尊重することで、相手との距離も近づくものです。

日常的によく話をする

常日頃からよく会話をすることも重要です。

自分の思っていることを口に出すことで、相手の考えとのズレを埋めたり、自分のことをより理解してもらえたりします。

それと同時に、定期的に感謝や愛情を伝えることも忘れないようにしましょう。

少し恥ずかしいかもしれませんが、「ありがとう」「大好きだよ」と当たり前のことを伝えることで相手への気持ちを再確認でき、いつまでも良好の関係を築くことができるでしょう。

互いのデメリットを補い合う

加齢・老後・お金のことなど、年の差婚には必ずついてまわる問題があります。

そのため、互いが互いの足りないところを補うように協力していきましょう。

  • 食事制限や運動を共に行い、少しでも長く一緒にいられるようにする
  • 毎月互いのお小遣いから1万円貯金する

など、年の差婚のデメリットを少しづつ一緒に解決していくことで、夫婦生活の不安を解消できるはずです。

まとめ

以上、年の差婚のメリット・デメリットと、年の差婚で幸せになるためのポイントについてご説明してきました。

年の差婚は色々な問題もありますが、それはなにも年の差婚をした夫婦に限ったものではありません。
同世代の夫婦でも価値観が合わなかったり、モラハラが起きたりすることはあります。

相手を尊重する・会話をするなどは当たり前のことですが、これらを意識することで幸せな夫婦生活を送れるかもしれません。

ぜひ参考にして、年の差婚を楽しんでくださいね。

Cafeおすすめ! 【東京都】
あたらし法律事務所
あたらし法律事務所

皆様が「あたらしい」一歩を踏み出せるよう、より良い解決策をご提案いたします。全国対応ですのでご安心ください。

皆様が「あたらしい」一歩を踏み出せるよう、より良い解決策をご提案いたします。全国対応ですのでご安心ください。

皆様のお気持ちに寄り添いながら、丁寧にご事情をお伺いしております。ご相談は「とにかく現状をどうにかしたい」という漠然としたお気持ちでも構いません。弁護士がご希望の解決に向けて、どのような方法が最善か考えてご提案いたしますので、安心してお話いただければと思います。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-1861-2966
[電話受付]平日 9:30~18:30
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!