離婚調停中にやってはいけないことって?離婚調停を有利に進めるには

★ お気に入りに追加
rikontyoutei

離婚調停に挑む際、「どうすれば自分の言い分が通るの?」「調停中にやってはいけないこととは?」という疑問が浮かぶ方も多いでしょう。
そこで今回は、離婚調停をする上で避けた方がいい行動、自分の有利に調停を進めるためにはどうすればいいのかなどをお話ししていきます。

離婚調停は心労を抱えるものです。できるだけ自分の不利な状況を作らないよう、ぜひ参考にしてください。

離婚調停中にやってはいけないこと

離婚調停中ということは、気持ちの上では結婚関係が終わっているという感覚の方も多いと思います。
しかし、まさか悪いとは思わず行動してしまったことが離婚調停で不利に働くことがあります。

そこで、離婚調停中にやってはいけないことを確認しつつ、注意するようにしましょう。
ただし、中にはすでに結婚関係が破城しているということが明らかである場合は、不利にならないこともあります。
その部分も含めて詳しく解説していきます。

他の異性と付き合うこと・同棲・デート

離婚調停中であっても、異性と付き合ったり体の関係を持ってしまうと、不貞行為とみなされることがあります。
配偶者以外の異性との同棲も、もちろん不貞行為に該当します。

気持ちの上では夫婦関係が終わっているつもりであっても法律上はまだ夫婦であり、夫婦間に発生する権利などは適用されます。
そのため、離婚調停では不貞行為は大変不利に働き、相手の希望する通りに進んでしまうケースもあるので注意が必要です。
最悪、慰謝料請求もありえるので、不貞行為だと判断されるような行為は避けましょう。

婚姻関係が破綻していると明らかである場合は、異性と交際をしたとしても慰謝料の対象とならず不利に働かないケースもありますが、中には、異性と連絡を頻繁に取っているだけで交際も体の関係もないとしても、印象が悪くなるケースもあります。

どんな離婚調停委員が担当になるかわからないため、心証を悪くしないようにするためにも、異性との接触については気をつけてください。

一方的に家を出ること

離婚調停まで進む夫婦関係であれば、一緒に生活をしているのも苦しいと感じている方は少なくありません。
そのため、一方的に家を出てしまうというケースが多いです。

しかし、相手方に何も言わず家を出てしまった場合は、「同居義務違反」の対象になる可能性があるので注意が必要です。
夫婦には、一緒に生活を営む義務があります。
相手が納得していないのにも関わらず、一方的に出ていってしまった状態であれば、義務を怠ったととらえられる可能性があります。

もし、同居義務違反を言われた場合は、別居の合意があったと証明する必要があるので覚えてきましょう。

調停中に相手方と連絡をとること

離婚調停中に相手に対する不平不満があったとしても、連絡をして文句を言うなどといったことは避けた方がいいでしょう。
言いたいことがたくさんあったとしても、離婚調停中はお互いに感情的になりやすく、対立が激しくなる可能性があります。
連絡を取ることによって、エスカレートして誹謗中傷をしてしまった場合、調停委員の印象が悪くなります

離婚調停中は、さまざまな思いが浮かぶものですが、相手とは連絡を取らないようにするのが賢明です。
もし相手から連絡がきて、誹謗中傷されるようであれば、証拠として提出しましょう。

離婚調停で勝つには|上手くいくためのポイント

ここからは、離婚調停で勝つためにはどうしたらいいのか、調停が有利に流れるためのポイントを5つご紹介します。
服装や調停前に用意するものなどもお話しするので、ぜひ参考にしてください。

①調停員に良い印象を与える

離婚調停は、家庭裁判所で調停委員と共に離婚について話を進めていきます。
お互いの言い分を主張し、調停委員が中立に判断して、離婚の合意に向けて条件なども話し合います。

ただ、調停委員がいくら中立な立場といっても人間です。自分に対する印象が良いか悪いかによって調停の進め方が異なっていきます。
そのため、調停委員を見方につけるよう、次の3つに気をつけましょう。

  • 姿勢や話し方は丁寧に
  • 服はシンプルに
  • ヒステリーのように感情的にならない

言葉使いやトーン、話すスピードは相手に与える印象を大きく変えます。
例え清楚な服装をしていても、「ふざけんなよ!」などといった暴力的な言葉を使うようでは、やはり印象はよくありません。

また、装飾品が多い・ブランド品を見につけるのは避けてください。
浪費家に見えるなど、こちらも悪い印象を持たれる可能性があるので、清楚にシンプルなものを着ていきましょう。

ただ、どうしても離婚調停では感情的になりやすく、相手の言い分に怒りを抑えられないといった方も多いです。
しかし、それは相手も同じ。有利な立場を得るためにはいかに感情をコントロールするかが鍵になります。
難しいことではありますが、冷静になることを意識して挑むようにしましょう。

②陳述書を作成・提出する

離婚調停を有利に進めたい場合は、「陳述書」を作成し提出しましょう。
陳述書は、これまでの夫婦関係のトラブルや、離婚に至るまでの経緯の説明、希望の条件などを書面でまとめたものです。
ただ、離婚調停では陳述書は、絶対に用意しなければいけないものではありません。

しかし、離婚調停を始めるときに提出した書類だけでは表すことができない問題なども、陳述書に記載することで調停委員の理解を求めることができます。
陳述書には文字制限や形式がないため、今までの夫婦関係について切実に訴えることができるのですが、読むのは調停委員です。
書く場合はできるだけ簡素に、分かりやすくまとめるようにしましょう。

③具体的なエピソードを提示する

離婚調停では、それぞれの言い分を訴える場面があります。
しかし言いたいことが多いとしても、長々と話すのはやめましょう
長く話すことによって、本当に伝えたいことが伝い、理解されないという可能性があります。

本当に訴えたいことは何なのか、具体的なエピソードを入れ、できるだけわかりやすくまとめて話すようにしましょう。
もし、相手からの暴言について訴えたいことがある場合は、メモをして具体的に言われた内容を掲示するのがおすすめです。

④希望する条件に固執しすぎない

離婚をするときの条件として、譲れないものは誰でもあります。
しかし、条件に固執しすぎてしまうと、「譲歩できない頑固な人」と調停委員に思われてしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、場合によっては条件の折り合いがつかず、離婚不成立になってしまうケースも少なくありません。
そうすると離婚訴訟となり、離婚するまでさらに時間がかかってしまいます。

そのため、親権や養育費などどうしても譲れないという条件を除いて、できるだけお互いの着地点を探すようにしましょう。
「ここは譲歩するので、どうしてもこの条件は受けてほしい」などといったように、柔軟に条件を相手に掲示し、交渉することが大切です。

⑤訴訟になった場合の見通しを持つ

離婚調停をしたからといって、必ず離婚が成立するわけではありません。
条件などお互いの言い分の折り合いがつかない場合は、離婚不成立として離婚訴訟に発展する可能性もあります。

離婚訴訟になれば、裁判を受けることになるので、今まで以上に費用や期間が必要になります。
今後の見通しをきちんと把握しておかなければ、最悪は相手の言い分が通った形での離婚ということも考えられるのです。
後から離婚調停で離婚しておけばよかったといっても、後の祭りです。

自分の中で譲れるところ、そしてどこを着地点とするのか、先の見通しを意識しつつ離婚調停に臨みましょう
裁判での決着も見通せるようであれば、裁判の準備も意識しつつ、調停に臨むようにしてください。

まとめ

離婚調停中は、感情の揺れ動きも大きく、精神的に疲れ果ててしまう人も少なくありません。
そんなときに誰か支えてくれる人がいると、寄りかかってしまうという方も多いです。
しかし、離婚調停中であっても婚姻関係は続いているため、異性との交際や同性は不利に働くことが多いので覚えておきましょう。

また、どんなに一緒に過ごすのが難しいと感じていても、勝手に家を出るのは控えるのがおすすめです。
どうしてもという場合は、必ず相手の了承を得てから出るようにしてください。

そして、調停での発言は自分にとって有利に働くのか、不利に働くのかの別れ道です。
服装や発言、言葉使いに気をつけましょう。
そのためにも、自分の言い分は調停の前にまとめて何度も確認をすることが大切です。

Cafeおすすめ! 【東京都】
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所 弁護士法人浜松町アウルス法律事務所

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談者様のお気持ちに真摯に寄り添い、「率直なご希望」をお聞きするよう努めております。正直なご要望をお伺いして、それに近づくためにはどのような選択肢があるのか、幅広くご提案させていただいています。
「どうしたいのか自分でもわからない」という方もぜひご相談ください。私どもと一緒に考えていきましょう。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-1709-6142
[電話受付]平日 10:00~19:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!