何もない結婚記念日で悲しい!旦那に不満を感じる方へ解説

★ お気に入りに追加
結婚記念日に何もしない旦那

結婚記念日は夫婦にとって特別な日です。

年に一回のこの日はきちんとお祝いをしたい、と思う女性も多いのではないでしょうか。

しかし、夫のなかには結婚記念日なのに何もしてくれないような人もいます。
このような夫は記念日をどう思っているのでしょうか。

今回は、結婚記念日を祝わない夫の心理や何もしない旦那への対処法について解説していきたいと思います。

結婚記念日に何もしない旦那|どうして祝わない?

夫が結婚記念日に何もしない理由としては、以下のようなものが挙げられます。

結婚記念日に関心がない

実は、男性は女性よりも記念日に対する意識が薄い傾向にあります。

恋人であるときにも相手が付き合って何年目であるかを気にしなかったり、イベントに向ける関心が低かったりすることを感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

このように、結婚記念日を軽く考えて日付すら覚えていない人も結構いるのです。

また、覚えていたとしても「そうだね」と言うぐらいで流してしまい、全く何もしないケースもあります。

どう祝えばいいのかわからない

単純に、お祝いといっても何をすればいいのかわからなくて結局何もできなかったという夫もいます。

「妻に何をプレゼントすれば喜ぶのかわからない、でも自分から聞くのもちょっと気恥ずかしい…」

少し気弱な性格であるが故に、祝うタイミングを逃してしまっているのかもしれません。

他のことで忙しい・忘れる

結婚記念日が平日の場合、普段は仕事が入っていることも多いです。

そのため、仕事が忙しくて記念日であることを忘れてしまったり、何か準備しようにも気が回らなかったりするケースもあります。

また、子どもが生まれると子どもの誕生日や行事に意識がよってしまうので、夫婦間の記念日を祝うことが少なくなってしまうこともあります。

マンネリ化している

元々祝っていたものの年を経るごとに祝わなくなってしまったという場合には、マンネリ化が原因である可能性もあります。

  • 毎年プレゼントやサプライズを用意することが面倒になってしまった
  • ネタが尽きてしまってやることがなくなってしまった
  • 長い夫婦生活で刺激の少ない毎日に慣れてしまった

このように、長年一緒にいると結婚記念日に特別感を感じることも少なくなってくることがあります。

そのため、記念日を祝わなくなったり、新婚のときよりも小さなお祝いで済ませてしまったりすることが多くなるのです。

夫に結婚記念日を祝ってほしい!妻からできるアクションとは

とはいえ、やはり結婚記念日は小さなことでもいいので特別なことをしたいものです。

それでは、何もしない夫・忘れる夫に結婚記念日を意識させるためにはどうすればいいのでしょうか。

①結婚記念日をアピールする

まずは、結婚記念日の日付とお祝いをしたいという気持ちを意識してもらう必要があります。

そこで、「来週は結婚記念日だね」とさりげなく伝えてみたり、カレンダーに印をつけたりして日付をアピールしてみましょう。

また、「今度結婚記念日だけど、何か食べたいものある?」と妻から祝う姿勢を見せることで、夫も何か用意しようと考えてくれる可能性があります。

②妻からお祝いする|プレゼント・サプライズ

結婚記念日は、なにも夫からしかしてはいけないわけではありません。
妻側からお祝いしても良いのです。

例えば、出勤するときに「いつもお疲れ様、ありがとうね」と一言いってみたり、手紙を書いてみたり、ケーキやプレゼントを用意してみたり…簡単なことから試してみてはいかがでしょうか。

お金のかからない些細なサプライズでも、普段しないことをすることで夫側も徐々に結婚記念日を意識するようになるはずです。

妻から働きかけても祝ってくれない…そんなときは

ただ、妻から記念日にアクションを起こしても依然として夫は何もしてくれない、というケースもあると思います。

最後に、そんな場合の対処法についてご紹介します。

はっきりと伝える

一番は「結婚記念日を祝ってほしい」と直接伝えることです。

妻が色々と準備をしても、どうしても受け身のままでいる夫は存在します。
そのため、はっきり伝えることで結婚記念日を強制的に意識させるのも手段の1つです。

そういう性格の人だと受け入れる

世の中には記念日に執着しない人も多くいます。

もしアクションを起こしてもなお夫が祝ってくれないのであれば、「性格や考え方の違いによるものだから仕方がない」と諦めることも大切です。

相手に期待をしないことで、返ってくるショックも軽く済ませることができます。

祝わない夫婦もいると考える

結婚記念日をわざわざ祝わなくても、円満に過ごしている家庭も多くあります。

実際、年数が重なるごとに毎年結婚記念日を祝う夫婦は少なくなっています。

そのため、結婚記念日を祝わずとも日常生活で不満がないならそれでいいかと割り切ってはいかがでしょうか。

そうすることで、むしろ記念日や刺激の多い日々に囚われず、穏やかな夫婦生活を営むことができるようになるかもしれません。

まとめ

以上が、結婚記念日を祝ってくれない夫の心境と妻からできる対処法でした。

結婚記念日は夫婦の繋がりを確かめる重要な日でもあるといえます。
そのため、この日は大切にしてほしいと考える人もいるでしょう。

ただ、記念日に囚われすぎても相手に不満が募ってしまい、夫婦仲が悪化してしまう可能性があります。

「自分でできることをしてみて、それでもダメなら割り切る」というように、自分で妥協するラインを決めてアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。

 

Cafeおすすめ! 【東京都】
あたらし法律事務所
あたらし法律事務所

皆様が「あたらしい」一歩を踏み出せるよう、より良い解決策をご提案いたします。全国対応ですのでご安心ください。

皆様が「あたらしい」一歩を踏み出せるよう、より良い解決策をご提案いたします。全国対応ですのでご安心ください。

皆様のお気持ちに寄り添いながら、丁寧にご事情をお伺いしております。ご相談は「とにかく現状をどうにかしたい」という漠然としたお気持ちでも構いません。弁護士がご希望の解決に向けて、どのような方法が最善か考えてご提案いたしますので、安心してお話いただければと思います。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-1861-2966
[電話受付]平日 9:30~18:30
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!