セックスレスで妻側が拒否!原因と別れたい・離婚したい場合を解説

sekkusuresu

近年では、セックスレスで離婚を考える夫婦が増えています。以下のような悩みがある方もたくさんいらっしゃいます。

  • 「妻から拒否された!セックスレスで辛くてイライラするので離婚する」
  • 「夫から拒否された!相手を性的対象に見れないとか言われたので離婚したい」

今回は、セックスレスの定義や原因、妻から拒否され、セックスレスになったことが離婚の理由になるのか、別れたい・離婚したい場合はどうなるのかなど解説も含めてご紹介します。

セックスレスとは

セックスレスによるすれ違い

セックスレスは、とてもデリケートな問題で、一方がセックスレスを深刻に受け止めているのにも関わらず、もう一方は「離婚をするほどではない」と考えているケースがあります。

お互いにセックスレスが原因で離婚を考えている場合はスムーズに離婚が成立する可能性もありますが、片方が離婚を考えていないケースが多く、その結果揉めてしまうことが多いです。

セックスレスの定義とは

日本性科学会では、以下のような状態をセックスレスの定義としています。

  • 特別な事情がない中、合意した性交やキスやペッティングなどが1カ月以上ない、今後も長期的にないと予測できる状態

1カ月と聞いて、「え?!そんなに短い期間でもセックスレスの対象なの?」と驚かれる方も多いでしょう。
お互いが、セックスレスでも構わないというのであれば、さほど夫婦生活上で問題にはなりません。
そのため実態では、セックスレスの夫婦は想像よりもはるかに多いのです。

しかし、どちらか一方がしたいと望んでいるのにも関わらず、相手が拒否をし続けるという状態であれば、離婚のように大きな問題になってしまいます。

なぜセックスレス?セックスレスの原因・理由

そもそもどうしてセックスレスが起きてしまうのでしょうか。セックスレスになってしまう要因として主に4つのものが考えられます。

その気にならない・相手に性欲を感じない

まず、一緒に生活をする上で、性交渉をしたいという気持ちが薄くなったという原因があります。例えば下記のような事例です。

  • 夫側の場合は、仕事で疲れ、そういった行為自体が面倒に感じてしまうケース、
  • 妻の普段のだらしない姿を見て魅力を感じなくなったケース
  • 妻側の場合は、家事や育児の疲れ、またそもそも性交渉自体が好きではないなどといった理由

このような理由で、セックスレスになる夫婦は少なくありません。中には、セックスレスを解消するために性交渉をしようと意識するだけで、ストレスに感じる方もいます。

とりまく環境の変化が原因

新婚時代はセックスレスとは程遠かった関係も、子供ができ、生活環境が変わったのと同時に、相手に性欲を感じなくなるという原因もあります。

特に、子供が生まれると妻は「母親」になり、夫は「父親」になります。お互いの立場が変わり、意識も変わった結果、性の対象としては見れなくなってしまうのです。

また、歳を取ることでお互いに体形などが変わってしまい、セクシャルな魅力を感じなくなってしまった、肉体的なつながりよりも精神的につながっていることで満足してしまうといったことも多いです。

共働きの場合、機会がない

現代では共働き世帯が増加し、妻・夫共に共有する時間も少なくなっています

それが原因で、性交渉をする時間を取ることもできず、いつの間にかセックスレスになっているというケースも少なくありません。

それに子育てが加わることで、性交渉よりも日々の生活に時間がとられ、よりセックスレスに拍車をかけている原因でもあります。

身体的な問題

歳を取ることで、自然と性的機能が衰えてしまったためにセックスレスになってしまう夫婦もいます。

また、セックスレスになってしまうきっかけの一つとして、女性は産後や生理の前後でホルモンのバランスが崩れてしまい、性交へ意識が向きづらくなるということも考えられます。

セックスレスが辛い!別れたい・離婚したい場合

セックスレスで離婚は可能か

では、セックスレスが辛くて、それを理由として離婚は可能なのでしょうか。

結論から言えば双方が離婚について合意する状況であれば可能です。

つまり、協議離婚や調停離婚であれば、どんな理由であっても双方が納得している状況であれば、離婚をすることが可能です。

しかし、どちらかが納得がいかず「裁判へ…」となると話は変わっていきます。

離婚裁判の場合、離婚の原因が「法定離婚事由」に当たらなければ離婚が認められません。

セックスレスと裁判

裁判になってしまうと、法定で定められている離婚事由に該当すると判断されない限り、離婚が認められません。

セックスレスが原因で離婚を希望した場合、民法770条1項5号の「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたるかが問題になります。

ただ、セックスレスといっても人それぞれ状況が違うため、

  • セックスレスの期間
  • 今までの性交渉のペース
  • 性交渉を持とうとして拒否された回数

などといったものが、離婚事由に該当するかどうか判断材料として使われます。

そのため、日記などセックスレスの状況がわかるようなものを記録しておくようにしましょう。

離婚が認められ、別れるケース

離婚事由に該当すると判断されやすいものとしては、

  • 生活に問題はないのに、性交渉を求めても長い期間拒否をする
  • 結婚してから一度も性交渉がない
  • セックスレスの改善に協力的ではない
  • 相手が不貞行為をしていた

といったものが挙げられます。

夫婦関係を修復しようとしても相手が協力的でない不貞行為が原因でセックスレスになってしまったなどといった場合、これ以上の婚姻関係を続けるのは難しいです。

また、セックスレスが及ぼす影響によって仲が険悪になり修復が困難になった、精神的な苦痛が大きいなどと判断された場合も、裁判でも離婚が認められることがあります。

もし裁判で争うことになった場合、セックスレスが与えた影響やこれ以上婚姻関係を続けるのが難しいことを主張をするようにしましょう。

離婚が認められないケース

逆に、認められないケースとして

  • 互いに性交渉を望んでいなかった
  • 相手方に事情があった

といったものが挙げられます。セックスレスの夫婦の中には、それでもいいと思い、どちらも関係を改善しようとせずに長年過ごしてきたという方もいます。

また、病気やケガなど身体的な理由や、仕事などで性交渉をする時間もなかった場合などは、セックスレスは離婚事由として認められません。

セックスレス離婚で、慰謝料は請求できるの?

セックスレスで妻から慰謝料をもらいたいと考える方も少なくありません。セックスレスが原因での離婚の場合は、慰謝料は請求できるのでしょうか。

慰謝料を請求できるかどうかは、起因離婚に至るまでの過程が大きく影響します。

夫か妻のどちらかに原因があると明確である場合は、慰謝料の請求はできるでしょう。

しかし、セックスレスは夫婦間の問題であり、どちらに責任があるのか判断するのは難しいケースも多いです。

そのため、慰謝料を考えた場合は、日記など離婚に至るまでの記録や証拠を集める必要があります。

セックスレスが原因で離婚をする場合に慰謝料を請求できるのかについては、以下の記事でもっと詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事
isyaryou
セックスレス離婚で慰謝料請求は可能?金額相場・証拠集めなどを解説!
セックスレスによる苦痛で離婚を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この記事では、セックスレス離婚の際に…[続きを読む]

まとめ

セックスレスは、夫婦のデリケートな問題なので、人に相談しにくく抱えこんでしまう方も多いです。その結果、精神的にも追い込まれ、離婚を考えてしまう方は少なくありません。

セックスレスで悩んでいる方は、まず素直に相手と話をすることが大切です。セックスレスは、ただ「したくない」のではなく、他に理由がある可能性も考えられます。

話し合うことで、相手の気持ちや自分の気持ちを理解し、改善に向かうかもしれません。

場合によっては、一度別居をするなど冷却期間を置くことも検討しましょう。ただし、別居についてはやり方によって自分が悪い立場になる可能性もあるので、よく検討してから行うようにしてください。

離婚に強い弁護士が法的に解決いたします

離婚問題でお困りの方は、離婚に強い弁護士にご相談ください。慰謝料、財産分与、親権など離婚を有利に進めることができる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 慰謝料がもらえない
  2. 財産分与が妥当でない
  3. 親権がとられそう
  4. 養育費が納得いかない

離婚に強い弁護士に相談・依頼することで、相手との交渉を有利にすすめ、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ離婚に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から離婚に強い弁護士を探す

離婚問題を無料相談できる弁護士事務所
弁護士法人浜松町アウルス法律事務所
【東京都・港区】
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所
  • 全国対応
  • 初回相談無料
  • 女性弁護士在籍
ご相談者様のお気持ちに真摯に寄り添い、「率直なご希望」をお聞きするよう努めております。正直なご要望をお伺いして、それに近づくためにはどのような選択肢があるのか、幅広くご提案させていただいています。
「どうしたいのか自分でもわからない」という方もぜひご相談ください。私どもと一緒に考えていきましょう。
離婚問題に悩んだら弁護士へ相談を
050-1865-4979
[電話受付]平日 10:00~19:00
監修
離婚弁護士相談Cafe編集部
弁護士ライター、起業経験のあるFP(ファイナンシャル・プランナー)、行政書士資格者を中心メンバーとして、今までに、離婚に関する記事を300以上作成(2022年1月時点)。
プロフィール この監修者の記事一覧
この記事が役に立ったらシェアしてください!