不倫裁判や離婚の弁護士相談をするときに、あらかじめ把握・準備すべきもの

★ お気に入りに追加

「妻が職場の上司とひそかに不倫を楽しんでいた。怒りを我慢できない!」

不倫裁判や離婚調停といえば、互いが自分の主張を一歩も譲らず、自分の意見ばかりを主張する泥沼紛争になりがちです。そこでスムーズに事を運ぶため、第三者である、専門家つまり弁護士等を介する場合があります。

しかし一般の方にとって、弁護士といえば何かと心理的な相談のハードルが高いと感じる方も多いと思います。そこで今回は弁護士に初回相談をする際に、どのような準備をすればいいかを考えていきます。

弁護士は人間関係のトラブルアドバイザー

弁護士は人間関係のトラブルの専門家として、またアドバイザーとしてとても頼りになる存在です。不倫裁判や離婚問題の案件を得意としている弁護士を利用することでより確実なアドバイスや解決を望めるようになります。

それは有名であるとか、実力があるという評判とはあまり関係ありません。

大切なことは事前準備

弁護士に、不倫裁判や離婚問題について、相談をする前に、必要だと言われているのが、相談をする側の準備です。それは無料相談であっても有料の相談であっても同じです。

何も準備せずに弁護士に電話相談しても対応してもらえるものの、的確なアドバイスをもらえなかったり解決に時間がかかってしまう可能性もあります。

そのためできる限り事前に必要なものを準備してから、弁護士に相談するのがおすすめされているのです。

※なお一般的には、電話相談の対応をしている弁護士事務所は少なく、実際に法律事務所に行くことが必要となる場合がほとんどです。ここでは法律事務所に足を運ぶ意思があることが大前提で解説致します。

無料・有料関係なく、”悩み”を明確化する

では弁護士に離婚の相談をする前に何を準備しておけばいいのかというと、まず大切なのが「悩みを明確にしておくこと」だとされています。

意外と悩みが明確化されていないケースが多い

不倫裁判や離婚について電話をかけるうえで大切なのが「何に対してどのような結果を希望して相談するのか」という部分です。

そのためにはまずどのような問題について悩んでいるのか、どのような相談をしたいのかを明確にしておく必要があります。

この部分をあいまいにしたまま弁護士に相談しても、弁護士側としては依頼者がどのような答えや結果を望んでいるのかわかりにくいため確かな答えを出しにくくなっています。

結果的に最良の解決方法にたどり着けなくなってしまうため、事前に離婚に関してどのような相談をしたいのか、どのような結果を望んでいるのかという部分を明確にしておくのが結果的に良い結末を迎えるために大切な準備だと言えるのです。

あまりにも突飛な要求を求めないよう注意が必要

「不倫されて悔しいから、慰謝料1000万円請求する!」と一般的な金額相場から大幅に逸脱した慰謝料を請求したいと法律事務所に相談する方もいらっしゃいます。

愛する夫・妻の裏切り好意に対して怒りがおさまらず、高額な慰謝料を請求したいと思う気持ちも理解できます。

しかし現実的にいくら評判の高い弁護士であっても、一般的な相場から逸脱しすぎた額を得ることは難しいです。

不倫慰謝料について詳しくは「不貞行為(妻の浮気や旦那の不倫)の離婚慰謝料相場を計算しよう」を後ほどあわせてご参照ください。

離婚に至るまでの”出来事”をまとめる

電話をする前に悩みを明確にした後は、「離婚に至るまでの出来事や自分の考えをまとめる」準備をしておきます。

基本的にどのような夫婦であっても離婚するまでの経緯が存在しており、どのような出来事があったのか、それに対して自分はどのように感じたり考えたのかを年表のように時系列にまとめるのです。

こうしておくことで客観的にも離婚に至るまでの経緯がわかりやすくなるので、どこに問題があったのか弁護士側でも明確に判断できるようになります。

また出来事に対して自分がどのような考えを持ったのか、どのように行動したのかなども一緒に書き起こしておくのがポイントです。自分の考えも一緒に書き起こしておけば冷静に自分の気持ちの変化について整理ができますし、夫婦の行動についても客観的に確認できるようになるので冷静な判断ができるところがおすすめされています。

このように時系列で離婚までの経緯や自分の考え、夫婦の行動などを書き起こすのは重要な準備です。、相談したい内容についても混乱しないようにまとめやすくなるので、できる限り準備しておくのが大切です。

必要な”資料”や書類とは

そして離婚問題の内容によってはいくつかの資料が必要になってくるため、「参考となる資料」も用意しておきます。この参考となる資料がどのようなものなのかですが、これは相談内容によって異なるようです。

例えば養育費に関する相談をするのであれば夫婦それぞれの年収がわかる証明資料が必要となるので、源泉徴収や確定申告書の控えが該当しています。

また子供の親権の相談であれば監護の実績を証明する資料として母子手帳や育児日記、写真などが該当するほか、不貞行為による慰謝料に関する相談になると相手の不貞行為の証明資料や診断書、警察への被害届などを用意しておく必要があります。

ほかにも様々な離婚にまつわる相談内容によって準備しておく必要のある資料は異なっているので、これに関しては実際に相談をする前に弁護士の方に確認するのが確実です。

このように単純に離婚問題の相談と言ってもその人によって相談する内容は異なりますし、その種類は多岐にわたっています。だからこそ弁護士などの専門家に電話をかけ事務所訪問の予約をしてアドバイスを受けるのが大切なのですが、専門家が的確に返答できるように準備をしておく必要があります。

弁護士へ依頼した後は?

まず初回の電話をした後に、弁護士に依頼することが決定した場合は、協議離婚もしくは不倫慰謝料のための協議が始まります。

協議離婚について詳しくは「協議離婚の進め方マニュアル2018【弁護士が代理交渉する場合】」に記載しましたので、こちらもあわせてご参照ください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!