不倫や離婚問題を弁護士に相談する時、事前に準備すること・時系列表

★ お気に入りに追加
hurinn bengosi

不倫裁判や離婚調停といえば、相手を非難したい感情が先立ってしまい、どのように訴訟や調停に対処すればいいか、冷静な判断が難しいものです。

しかも、一般の方は法律や裁判制度の詳しい知識はありませんから、なおさらです。

そこで、依頼者に法的アドバイスをするだけでなく、依頼者の味方として代理人になり、調停や訴訟を進めてくれるのが、専門家である弁護士です。

しかし一般の方の中には、弁護士に相談をすることは心理的なハードルが高いと感じる方も多いと思います。
特に初回の相談は、自分の問題をどのように説明すればいいのか、どうすれば相談時間を有益なものにできるか、心配されるのも当然です。

そこで今回は弁護士に初回相談をする際に、どのような心構えを持ち、準備をすればいいかを解説します。

弁護士は人間関係のトラブルアドバイザー?

弁護士は法律の専門家なので、ご夫婦の問題に法律面からのアドバイスや助力をすることができます。
例えば「この理由で裁判所が離婚を認めてくれるだろうか?」「慰謝料を請求したい!」といった法律問題を解決するお手伝いが弁護士の仕事です。

したがって、基本的には離婚に関する人生相談をする相手ではありません。
弁護士が助言できるのは、御相談の場合に法的に離婚が認められるのかどうか、仮に離婚した場合の慰謝料や財産分与の見込額などであり、「離婚した方がいいかどうか」は法的アドバイスを受けたご自身が決断されることです。

とはいえ、離婚は法律問題と感情とが複雑に絡み合う問題なので、法律事務所によっては離婚の法律問題とあわせてカウンセリング的な役割も行ってくれることがあります。

このような事務所では、法律問題を中心に相談しつつも、ご自分の悩みを話して気持ちを軽くすることもできるでしょう。

大切なことは事前準備

弁護士に不倫裁判や離婚問題について相談する前に必要なのが、相談をする側の準備です。それは無料相談であっても有料の相談であっても同じです。

何も準備せずに弁護士に法律相談をしても、的確なアドバイスをもらえなかったり、事情を説明するだけで相談時間が終わってしまう可能性もあります。
それではせっかくの相談がもったいないですよね。

そのためできる限り事前に必要な準備をしてから、弁護士に相談するべきでしょう。

自分の「悩み(何をしたいか)」を明確化する

では弁護士に離婚等の相談をする前に何を準備しておけばいいのかというと、まず大切なのが「悩み(何をしたいか)を明確にしておくこと」です。

意外と悩み(何をしたいか)が明確化されていないケースが多い

不倫や離婚問題について相談するうえで大切なのが「何に対してどのような結果を希望して相談するのか」という部分です。

そのためにはまずどのような問題について悩んでいるのか、どのような相談をしたいのかを明確にしておく必要があります。

例えば「子どもの親権をとりたいのですが、どうすればよいでしょう?」「旦那が不倫していましたが、慰謝料はどれくらいもらえるでしょうか?」といったように、自分が目指す着地点を明確にすることが望ましいです。

この部分をあいまいにしたまま弁護士に相談しても、弁護士側としては依頼者がどのような答えや結果を望んでいるのか分からず、たしかな答えを出しにくくなっています。

そのため、事前にご自分が「何をしたいのか」をよく考え、どのような結果を望んでいるのかという部分を明確にしてから法律相談を受けるようにしてください。

関連記事
離婚弁護士|無料相談する前に必ずしておくべき準備と5つの注意点
離婚しようと考えているけれど、「何を、どのくらい準備して弁護士に会いに行けばいいのかわからない…。」 このようにお考…[続きを読む]

自分の希望や質問は遠慮せず伝える

「不倫されて悔しいから、慰謝料1000万円請求する!」と一般的な金額相場から大幅に逸脱した慰謝料を請求したいと法律事務所に相談する方もいらっしゃいます。

愛する夫・妻の裏切り好意に対して怒りがおさまらず、高額な慰謝料を請求したいと思う気持ちも理解できます。

そしてもちろん、その方の事案で慰謝料1000万円を請求することが可能かどうかは、まさしく法律相談で質問するべきことです。
弁護士は、それが法的に可能かどうかを回答するのが仕事です。

ネットで様々な情報が手に入る時代ですから、「こんな高い金額を口に出すのは、恥ずかしいのではないか?」「こんな突飛な要求を相談したら、笑われてしまうだろうか?」と引っ込み思案になってしまう方もいらっしゃると思います。

しかし、そんな遠慮はいりません。「突飛な要求」かどうかを判断するのは弁護士です。
気になることは遠慮なく質問してください

離婚に至るまでの「出来事」を時系列表にまとめる

離婚を意識するまでの経緯を時系列表にする

悩みを明確にした後は、「離婚に至るまでの出来事や自分の考えをまとめる」準備をしておきます。

どのような夫婦であっても、出会い、結婚し、離婚を意識するまでの経緯があります。
いつ、どこで、どのような出来事があったのかを年表のように時系列にまとめるのです。

こうしておくことで客観的にも離婚を意識するに至るまでの経緯がわかりやすくなるので、弁護士側でも明確に判断できるようになります。

なお、時系列表といっても難しく考える必要はありません。
弁護士が知りたいのは事実関係ですから、「だれが、いつ、どこで、なにを、なぜ、どのように」(いわゆる5W1H)を箇条書きにしておけば大丈夫です。

時系列表の出来事に対して自分の考えをまとめる

また、法律相談に必須ではありませんが、その出来事に対して自分がどのような考えを持ったのか、どのように行動したのかなども一緒に書き起こしておくのもお勧めです。

自分の考えも一緒に書き起こしておけば冷静に自分の気持ちの変化について整理ができますし、夫婦の行動についても客観的に確認できるようになるので冷静な判断がしやすくなるでしょう。

必要な「資料」や書類とは

離婚問題の内容によっては、いくつかの証拠となる資料が必要になります。

多くの場合、最終的に必要となるのは調停や訴訟の段階ですが、法律相談の段階から用意していただければ、弁護士としても手間が省け、的確な助言ができます。

必要な資料は相談内容によって異なる

例えば、養育費に関する相談をするのであれば夫婦それぞれの年収がわかる源泉徴収票や確定申告書の控えがあることが望ましいです。

また親権の相談であれば、子供の監護の実績を証明する資料として母子手帳や育児日記、写真などです。

不貞行為による慰謝料に関する相談になると相手の不貞行為の事実を証明する写真や不倫相手とのメールのやり取りが考えられます。

配偶者の不倫を疑ってしまったとき、どのようにして証拠を収集すればいいのでしょうか。この記事では、不倫の証拠を集める方…[続きを読む]

DVの相談であれば、診断書や警察への被害届などを用意しておく必要があります。

このように単純に離婚問題の相談と言ってもその人によって相談する内容は異なりますし、その種類は多岐に渡ります。

できれば、どのような資料を用意すればいいのか、弁護士に相談予約をする際におおまかに確認しておくことをお勧めします。

まとめ

離婚や不倫の問題について、弁護士に法律相談をする前の心構え、準備について説明してきました。

改めてポイントをまとめると、次のようになります

  • 事前準備をしっかり行うことで有意義な相談時間になる
  • 自分が何をしたいか、どうしたいかを明確にする
  • 疑問や希望は遠慮せずに質問してみる
  • 相談までの出来事を時系列表にまとめる
  • 弁護士に聞いて、必要な資料を用意する

法律相談を受けることが、あなたが前進するための大きな一歩となることを心から願っています。

 
Cafeおすすめ! 【東京都】
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所 弁護士法人浜松町アウルス法律事務所

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談者様のお気持ちに真摯に寄り添い、「率直なご希望」をお聞きするよう努めております。正直なご要望をお伺いして、それに近づくためにはどのような選択肢があるのか、幅広くご提案させていただいています。
「どうしたいのか自分でもわからない」という方もぜひご相談ください。私どもと一緒に考えていきましょう。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-1709-6142
[電話受付]平日 10:00~19:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!