離婚したくない!離婚の危機を回避する方法とやってはいけない行動

★ お気に入りに追加

突然、夫から離婚したいといわれ、頭のなかが真っ白になりどうしたらいいのだろうと悩む妻もいることでしょう。ひとつ屋根の下で、離婚したい人と離婚したくない人がいっしょに生活するという状況は辛いものです。

普段から仲が良かったわけではないけれど、子どもや経済的なことを考えると、やっぱり離婚したくない、もう一度やり直したいと考える方は多いのではないでしょうか。

本記事では、離婚をしたくない時にやってはいけない行動と関係修復のための奥の手をいくつか紹介します。

離婚したくないと悩んでいる人は、この記事を参考にしてみてください。

離婚したくない5つの理由

配偶者から離婚を切り出されても、そう簡単に離婚を承諾するわけにはいかないでしょう。
まずは冷静に状況を把握し、自分の気持ちを確かめることが先決です。

夫・妻にまだ未練があるから離婚したくない

夫・妻にまだ未練が残っていると、離婚したくないと感じるのは人として当然の感情でしょう。性格の不一致やライフスタイルの違いから夫婦ケンカも絶えなかったけれど、この機会にもう1度やり直したいと考える妻は少なくありません。

配偶者が不倫に走り離婚を切り出しても、未練がある側はどうにかして関係を修復したいと考えます。

経済的な理由から離婚したくない

主に妻側で多い理由ですが、離婚すると、ほとんどの場合は妻側の生活の質が下がります。専業主婦であれば再就職も難しく、離婚に躊躇するのは当然といえるでしょう。

離婚したくないからとそのままの状態で別居すると、婚姻費用として一定額の生活費を配偶者からもらえることもありますが、あまりいい選択とはいえません。
もっとも、このような状況であればすぐに離婚とはならず、婚姻関係を維持できる可能性も残ります。

子どものことを考えて離婚したくない

子どもがいる場合、たとえ何もしない相手であっても、両親揃っていることが大事だと考える人もいます。

十分な収入があり1人で育てることが可能であっても、離婚は子どもの成長に何らかの悪影響を及ぼすかもしれません。また離婚すると、仲の良い義理の両親と子どもの関係も悪くなるだろうと離婚を躊躇することもあるようです。

関連記事
親の離婚にショック|子供の気持ちとその影響。年代別に考えてみよう
両親の離婚は、子供にも様々な面において影響します。 本当ならば父親と母親が揃っているはずなのに、どちらか片親になって…[続きを読む]

離婚の手続きが面倒で離婚したくない

実際に離婚すると、持ち家の名義変更や保険の手続きなど、さまざまな事務手続きが必要です。
また、特に女性は離婚により姓が変わることが殆どなため、元々旧姓を使っていた場合を除き、職場においても氏名変更の手続きをすることもあるでしょう。

このような面倒な手続きをするくらいならと、夫婦としての形だけは残したいと考える人もいます。

世間体が気になり離婚したくない

友人や職場の人に離婚したことを知られるのを嫌がる人は多いのではないでしょうか。

姓が変わると職場でも余計な詮索をされるため、離婚したくないと考えます。
また離婚することにより何か欠点があるのではと、周りの人に勝手に思われるケースもあるようです。

離婚したくない時にやってはいけない5つの行動

離婚を切り出されパニックとなり、つい離婚届に印鑑を押してしまった…という人もいるかもしれません。

しかし、これは離婚したくない場合にやってはいけない行動の1つです。

ここでは、このような離婚したくない場合に避けるべき行動を5つ紹介します。
次のような行動は慎んで、冷静に対応することが大切です。

別居する

いわれるがまま安易に別居を選択すると、離婚の可能性が高くなります。

いっしょに住んでいれば話し合う機会も持て、離婚を回避するためのアプローチもできるでしょう。しかし別居となるとコミュニケーションの機会はぐっと減ってしまうため、夫・妻の気持ちを変えるチャンスがなくなります。

また、別居を冷却期間と考えるのは離婚したくない側だけであり、離婚したい側からすると都合の良い準備期間となるかもしれません。
離れて住んでいると、離婚に向けて配偶者が動いていることもわからないでしょう。

感情のままに話す

離婚といわれ、激昂して感情のままに話すことは逆効果です。

「私は今までこんなに尽くしたのに、なんで離婚なの?」と苛立ちをぶつけても何の解決にもなりません。

夫・妻が離婚を決意するには、よほどの理由があるはずです。そのことをよく理解して、話し合いの場では冷静に話すことが大切です。

相手を責める

夫婦の関係において、どちらかが100%悪いということはあまり多くないでしょう。

  • 「浮気したあなたが悪いのに、離婚ってどういうこと?」
  • 「そういうところが嫌いなんだ!」

と、一方的に夫・妻を否定するような暴言を吐いてはいけません
売り言葉に買い言葉で、両者とも離婚に気持ちが向きやすくなってしまいます。

いったん気持ちをこらえて、冷静になるように心がけましょう。

ひとりで悩む

離婚について、ひとりで悩んでいても良い解決策は思い浮かばないものです。

このような場合、夫婦のことをよく知る友人や家族に相談するのもよい方法です。離婚カウンセラーや離婚案件を扱う弁護士に相談することもひとつの選択でしょう。

第三者に入ってもらうことで、離婚回避のためのきっかけを得られるかもしれません。
また、ひとりで悩み続けることは自身のメンタルにも良くないため、信頼できる周りの人たちに話を聞いてもらいましょう。

離婚届にサインする

離婚したくないと考えているうちは、離婚届にサインをしてはいけません。

サインをしてしまい、その離婚届が役所に受理されてしまうと、離婚が成立してしまいます。このようなことを防ぐためにも、離婚の意思がない場合には、離婚届にサインをすることはやめましょう。

どうして離婚したいのか、解決策はないのか、自分のほうでできることはないのか、など離婚を回避するための話し合いの場を持つように心がけることが大切です。

離婚を回避するには?関係修復のための4つの奥の手とは

離婚を回避するために、妻はどのように夫にアプローチできるでしょうか。
ここでは、関係修復のための奥の手を4つ紹介します。

離婚したくないと手紙で正直に伝える

配偶者に自分の気持ちをわかってもらうためには、正直に離婚したくない旨を伝えることが1番です。

SNSやLINEなどよりも、自分の想いを手紙に書くことで自身も冷静になることができ、自分の言葉や態度を客観的に見直すことができるでしょう。

直接話すと気持ちが高ぶってしまいがちですが、手紙であれば自分の本音を伝えやすいものです。
今まで配偶者がしてくれたことに対する感謝や、自分の足りなかったことへの謝罪、離婚をしたくないという正直な気持ちを伝えましょう。

日常会話を増やし離婚を考え直してもらう

夫婦の関係が冷めきっている場合は、コミュニケーションを増やすように努力してみましょう。

コミュニケーションの基本は挨拶です。
「おはよう」や「おやすみなさい」、「行ってきます」など、気持ちのよい挨拶の言葉をかけるようにします。少しずつ日常会話を増やすことで、夫婦の問題も話し合えるような雰囲気に変化していくでしょう。

早く解決したいからと、焦って離婚や別居の話を出すことは厳禁です。じっくりと時間をかけて解決を図るようにしましょう。

離婚回避へ向けて話し合いをする

配偶者話し合える雰囲気があれば、離婚回避へ向けて、具体的なルールを決めることも良い方法です。

配偶者が辛いと感じていた状況や自分自身の気持ち、子どもがいれば子どものこと、夫婦の将来についてもう一度棚卸しをし、良い関係になるようふたりで守るルールを決めていくのです。

この段階まで話し合いを進めることができると、離婚を回避できる可能性が高まります。何よりもいっしょに過ごすことで、冷めきっていた気持ちにも変化が生じるでしょう。

雰囲気や環境を変える

大掛かりな部屋の模様替えや自身のイメチェンをして、環境や自分自身を変えてみることもひとつの良い方法です。

配偶者のことはしばらくそっとしておき、自分ができることから変えてみましょう。

離婚を切り出されて辛い思いをしていても、暗い雰囲気にならないように心がけます。自分の離婚したくないという真剣な想いが、配偶者の気持ちを変えていくこともあるでしょう。

まとめ

離婚したい側は、離婚をすることで自分にもデメリットがあると気づいたときに離婚を考え直す傾向にあります。

離婚したくない場合は、離婚を考え直してほしいと正直に配偶者に伝え、状況を改善するためにできることから始めてみましょう。

Cafeおすすめ! 【東京都】
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所 弁護士法人浜松町アウルス法律事務所

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談者様のお気持ちに真摯に寄り添い、「率直なご希望」をお聞きするよう努めております。正直なご要望をお伺いして、それに近づくためにはどのような選択肢があるのか、幅広くご提案させていただいています。
「どうしたいのか自分でもわからない」という方もぜひご相談ください。私どもと一緒に考えていきましょう。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-1861-2969
[電話受付]平日 10:00~19:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!