旦那や彼氏からのDV|DVされやすい女性の特徴・心理とは?

★ お気に入りに追加

旦那や彼氏からDVを受けた際、「どうして自分はこの人を嫌いになれないんだろう」「自分にDVの原因があるのかな?」と悩む女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、DVを受けやすい女性は同じような特徴を持つことも多いです。

そこで今回は、DVをされやすい女性の心理や特徴などについて解説していきます。

DVされても逃げられない女性の心理

DVを受けてもなかなか相手を嫌いになれないのはなぜでしょうか。
最初に、DVを受ける女性の心理について見てみましょう。

①自己評価が低い

DVをされやすい女性の中には、自己評価が低い人が多くいます。

  • 「DVを受けるのは自分が何か悪いことをしてしまったからでは?」
  • 「こんな自分に付き合ってくれるのはこの人しかいない…」
  • 「捨てられたくない」

自分に自信がないため言いたいことを言えなかったり、相手が悪いことに気づけなかったりします。

その結果、ずるずると関係を続けてしまうのです。

②我慢してしまう

今までの家庭環境・生育環境が影響して、我慢することが当たり前になってしまっている人もいます。

「自分が我慢していれば穏便に済む」「いつかは相手も変わってくれるはず」と自身を犠牲にしてしまうため、逃げられなくなってしまいます。

また、世間体を気にして我慢する人もいます。

③依存性が強い

DVを受けやすい女性は、一人の人間に依存してしまう傾向があります。

  • 親や友達と上手くいっておらず、信頼できるのは彼氏だけ
  • 独りが嫌い。誰かといないと落ち着かない
  • 相手には「自分がいないとダメだ」と感じる

上記のような気持ちが強いと、DVをされても相手から離れられなくなってしまうのです。

④情に流されやすい

相手が悲しんでいると過剰に可哀想だと思ってしまったり、「お前が悪いんだ」という相手の言葉をそのまま受けとって罪悪感を感じてしまったり、相手に流されやすいことも原因の1つです。

DVをされた後に優しく謝られると、許してしまうこともあるでしょう。

ですが、情に流されることによって、相手からは言うことを聞かせやすい人間として認識されてしまいます。

DVを誘発する被害者の特徴

一方、心理的な問題だけでなく、女性の行動によって男性のDVを誘発してしまっているケースもあります。

①すぐ謝ってしまう

相手から注意されたときに、すぐ「ごめんなさい」と謝ってしまうことはないでしょうか。

また、生育環境により男性は怖いものだと意識してしまい、「喧嘩になっても言い返せない」「怒鳴られると体が過剰にこわばってしまう」という人もいるかもしれません。

このように、相手から威圧されるとすぐ低姿勢になる姿が相手の支配欲を満たしてしまい、DVに繋がっている可能性があります。

「すぐ謝ればいいと思われている」と相手をイライラさせてしまうこともあるようです。

②手をあげられても縋りついてしまう

いくら殴られても「嫌いにならないで」と相手に縋りついてしまう人もいるでしょう。

その結果、相手に「コイツには俺しかいないから何をしても大丈夫だ」と思わせてしまい、暴力がエスカレートすることがあります。

③相手の言う通りに行動してしまう

  • 「あれ買ってきて」
  • 「今から友達来るからつまみ用意して」
  • 「友達と月2回以上遊ぶな」

このように、無理な要求をされても言われた通り行動することで、相手に自分のことを何でも言うことを聞く召使いのように思わせてしまうことがあります。

以上のように、相手に「自分が上だ」と感じさせる行動をとってしまうことで、普通ならDVをしないような人であってもDVを誘発してしまうことがあるのです。

DVから逃れたい…そんなとき、どうすればいいの?

とはいえ、好きでDVを受けている人なんてほとんどいません。「DVをこれ以上受けたくない」という人もいるでしょう。

ここからは、DVから逃れる方法について解説していきます。

①自分で自分を大事にする

まずは、自分が嫌だと思ったことは嫌だとはっきり思うようにしましょう。

「自分が悪いからしょうがない」とは思わず、自分の「痛い」「辛い」という気持ちを大切にすることが重要です。

また、少しずつでも言いたいことを口に出してみてください。

相手の意見に流されず、最初に自分が感じたことをブラさないようにしましょう。

②誰かに相談する

DVを受けている人は、なかなか自分が受けている被害を他人に言えなかったり、事態の深刻性に気づくことが遅れたりすることがあります。

そのため、専門家・友人・家族・行政、どこでもいいので話しやすいところに相談してみてはいかがでしょうか。

いざDVが悪化したときの逃げ場になりますし、第三者から見た自分の様子を知ることもできます。

また、専門家であれば適切なカウンセリングやアドバイスを受けることもできるでしょう。

自分が気づかないうちに心の病気になっている可能性もあるので、治療を通じて意識を帰ることができるかもしれません。

【参考】DV相談先
・DV相談+:https://soudanplus.jp/
・配偶者暴力相談支援センター:https://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/soudankikan/01.html
・その他行政での窓口:https://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/soudankikan/index.html

③別れることを考える

人にもよりますが、「DVをやめてほしい」と伝えても止めてくれない人や、逆上してエスカレートする人などもいます。

そのため、離婚や別れを切り出した方があなたのためになるケースも多々あります。

もし、この人とは別れた方がいいかも…と思うのであれば、離れることを検討してみてください。

そのときには、安全性なども考慮し、一度専門家に相談して適切な別れ方を教えてもらうといいでしょう。

まとめ

以上が、DVを受けやすい女性の特徴とその対処法でした。

DVを受け続けている女性の中には、なかなかその状況から抜け出せない人も多くいます。

ですが、一度勇気を出して考え方を変えてみると、今より幸せな道を切り開ける可能性もあります。

口に出すことがためらわれることではありますが、話を聞いてもらうだけで気持ちが少し軽くなるはずです。
もしDVに悩んでいるのであれば、話しやすい人に一度相談してみてください。

Cafeおすすめ! 【東京都】
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所 弁護士法人浜松町アウルス法律事務所

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談者様のお気持ちに真摯に寄り添い、「率直なご希望」をお聞きするよう努めております。正直なご要望をお伺いして、それに近づくためにはどのような選択肢があるのか、幅広くご提案させていただいています。
「どうしたいのか自分でもわからない」という方もぜひご相談ください。私どもと一緒に考えていきましょう。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-1861-2969
[電話受付]平日 10:00~19:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!