サレ妻のメンタル・特徴|立ち直るにはどうすればいいの

サレ妻の特徴

夫に浮気をされている妻のことを指す、「サレ妻」。

「サレ妻になってしまう原因って?」
「どうすればサレ妻になったショックを乗り越えられる?」

そんな疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、サレ妻の特徴やその心理、乗り越え方などをご紹介していきます。

サレ妻の原因・特徴とは?

サレ妻になってしまう人には、いくつかの特徴があります。
それぞれ例を見てみましょう。

①身なりがだらしない

デートのときにはいつも張り切って身なりを整えていたのに、結婚して同棲を始めた後はだらしない恰好ばかりしてしまってはいないでしょうか。

そのような妻の変化に失望している夫も少なくありません。

また、出産後も元の体型に戻す努力をしていないと女性としての魅力が薄れてしまい、他の女性に目がいってしまうということがあるようです。

②完璧主義である

妻が完璧主義でなんでも自分でこなすような性格の場合、夫がそのことに対してプレッシャーや疲れを感じるケースがあります。

生活に関係することもすべて妻が一人でしてしまうと、夫としては結婚生活に「自分は不要なのではないか」と考えてしまいます。

その結果、他で自分の居場所を探すようになり、自分を頼ってくれる女性・気を緩めることができる女性の元に行ってしまうのです。

③夫を尊重しない・大切にしない

男性はプライドが高く、頼られたいという気持ちが強い人も多いです。

そのため、妻が夫を見下したりバカにしたりしていると、プライドが傷ついて一緒にいることを苦痛に感じてしまう可能性があります。

また、セックスレスなどで夫を拒否していると、自分の欲求を満たしたいが故に浮気に走ってしまうケースもあります。

④夫が大好き

一方で、夫が好きすぎるような人もサレ妻になってしまうことがあります。

というのも、夫が大好きな妻は相手のすることをなんでも肯定してしまい、怒ることがあまりないからです。

そのため、「何をしても怒らないから、ちょっとぐらい浮気しても問題ないだろう」と夫が軽く考えてしまうのです。

⑤口うるさい

「食器洗っといてっていったじゃん」
「脱いだスーツはすぐハンガーにかけて」

上記のように、妻が夫に対して口うるさく注意することが日常になっていたり、文句を直接言ったりしているような場合にも注意が必要です。

家にいてもいつも喧嘩になるから落ち着かない、と他の場所に癒しを求めてしまいます。

⑥子どもを優先しすぎる

出産後は食事や生活サイクルなど、子どもを中心に生活することが当たり前になります。

しかし、子どもに目をかけすぎてしまうと、夫が「もう妻は自分のことを考えてくれないのだ」と心の距離を感じてしまうことがあります。

また、”母”になったことで、女性として見れなくなってしまったという人も多いようです。

サレ妻の3つの心理とは

浮気が発覚してサレ妻になったときには、当然複雑な気持ちになってしまいますよね。
他のサレ妻の多くも、似たような気持ちをもっているはずです。

どんな感情があるのか、簡単にサレ妻の心理について見てみましょう。

夫を許す妻・許せない妻

夫に対する気持ちとしては、浮気を許せない人と、浮気について特に何も思っていない人の2パターンがあります。

浮気を許せない人のなかには、一刻も早く離婚したいという人もいれば、経済面が心配で離婚に踏み出せない人もいます。

また、浮気について特に何も思っていない人は、「そもそも夫を信頼していない」「男なら浮気をするもの」という考え方があるようです。

ただ、どちらのケースも夫のことを信頼できなくなった・信頼していないという点においては共通しています。

自分に対する情けなさ・自信の喪失

浮気がわかったとき、今まで不倫に気づいてこなかった自分に対して怒りを感じるケースがあります。

また、「自分にも原因があったのでは」と自分を責めるような感情が湧いてくることもあり、自信を失ってしまう人もいます。

浮気相手への怒り

不倫相手に対する怒りが大きくなることもあります。
女としてのプライドが、より憎しみを強めるのかもしれません。

また、サレ妻の中には示談や訴訟を通じて浮気相手に慰謝料を請求をする人もいます。

サレ妻にならない方法

やはり、夫に浮気をされることはとても傷つくことであり、サレ妻にはなりたくないと考える方も多いでしょう。

ここからは、サレ妻にならないためのポイントについて解説していきます。

女性であることを忘れない

サレ妻にならないようにするには、”女性”であることを忘れないことが大切です。

夫婦になっても出産をしても、妻が女性であることに変わりはありません。

家事や育児で忙しいのもわかりますが、夫と出かけるときにはおしゃれをしたり、可愛い部屋着を用意したりと身なりには気を付けるようにしましょう。

少し気を付けるだけでも、印象が大きく変わります。

夫を立てる・褒める

先述したように、男性は”頼られたい”という気持ちが強く、プライドの高い人が多い傾向にあります。

そのため、夫と過ごすときには「○○ができるなんてすごい」「知らなかった、物知りなんだね」などとさりげなく相手を立てることを言うようにしてみてください。

これによって旦那の自尊心を満たすことができると同時に、「この人には自分が必要とされている」と思ってもらえ、気持ちを離れにくくすることができます。

コミュニケーションとスキンシップを大切にする

夫婦の気持ちが離れないようにするには、積極的にコミュニケーションを取ることが一番です。
会話によって相手の考えも知ることができるため、お互いの理解を深めることに繋がります。

なお、会話をするときには自分の話ばかりをするのではなく、相手の話を聞くことに重点をおいてください。

また、会話の際に「いつもお疲れ様」「掃除機かけてくれてありがとう」などと相手に感謝を伝えることも、相手の承認欲求を満たすことができるので効果的です。

同様に、スキンシップを取ることも愛情を保つために重要です。
呼びかけるときに少し肩を叩くといった小さなことでもいいので、アクションを起こしてみましょう。

サレ妻になってしまったとき|心の傷を乗り越えるには

上記では、サレ妻にならないためのポイントをお伝えしました。
とはいっても、完全に夫の浮気を防ぐことができるわけではありません。

それでは、サレ妻になったときのショックを乗り越えるためにはどうすればいいのでしょうか。

今後について考える

まずは、今後どうしていくのかを考える必要があります。

夫に不倫をされていたことは、想像以上にショックを受けるものです。
そのため、離婚も視野に入れて考える方もいらっしゃるでしょう。

もう一度夫婦としてやり直したいのか、離婚して別々に暮らしたいのか、自分の中で気持ちを整理して夫と話し合うことが大切です。

離婚を考えるポイントについては以下のページで詳しくご紹介していますので、併せてご参照ください。

関連記事
dannna uwaki sonogo
旦那の浮気が発覚…!妻が取るべきその後の対応とは?
旦那の浮気や不倫が発覚したとき、妻はその後どのように接していけば良いのでしょうか。この記事では、旦那に浮気された場合…[続きを読む]
関連記事
離婚してよかった
離婚してよかった?男性・女性別|幸せになる人の特徴
離婚を考えている人の中には、「離婚して本当に幸せになれるのか…」と不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。そこで、…[続きを読む]

自分の気持ちを切り替える

夫の不倫を知った後は気持ちも落ち込みます。
このとき、一人で家に籠って悶々と悩み続けていても、あまり良いことはありません。

  • 友人や両親に会って相談する
  • 趣味に没頭する
  • 散歩などで体を動かす

など、夫以外のところに目を向けてリフレッシュできることをしましょう。

また、自分磨きを行うことも、気持ちを持ち直すきっかけになることがあります。

  • 体型を整える
  • メイクを楽しんだりしながら過ごす

これらを行うことによって、夫の気持ちが離れることを防ぐと同時に、自分の自信も取り戻すことができるでしょう。

まとめ

以上が、サレ妻になってしまう人の特徴や心理、サレ妻を乗り越える方法でした。

生涯共にすることを誓った夫婦である以上、旦那に浮気や不倫はしてもらいたくはないものです。
サレ妻になりたくないと思う方は、この記事を参考に行動してみてください。

また、サレ妻になってしまったとしても関係を修復できるケースもありますし、逆に離婚することで本当の幸せをつかめるケースもあります。

どちらがいいのか、冷静に考えて見極めるようにしましょう。

Cafeおすすめ! 【全国対応】
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人浜松町アウルス法律事務所
弁護士法人 浜松町アウルス法律事務所 弁護士法人浜松町アウルス法律事務所

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談だけでも、「安心した」「解決の糸口が見えた」と思っていただけるよう心がけています。全国対応ですのでお任せください。

ご相談者様のお気持ちに真摯に寄り添い、「率直なご希望」をお聞きするよう努めております。正直なご要望をお伺いして、それに近づくためにはどのような選択肢があるのか、幅広くご提案させていただいています。
「どうしたいのか自分でもわからない」という方もぜひご相談ください。私どもと一緒に考えていきましょう。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-1865-4979
[電話受付]平日 10:00~19:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!
監修
離婚弁護士相談Cafe編集部
弁護士ライター、起業経験のあるFP(ファイナンシャル・プランナー)、行政書士資格者を中心メンバーとして、今までに、離婚に関する記事を300以上作成(2022年1月時点)。
プロフィール この監修者の記事一覧